川崎区・幸区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

幸区役所 かこさんパネルで紹介 図書館も連動

社会

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
幸区役所1階ロビーに設置
幸区役所1階ロビーに設置

 幸区ゆかりの絵本作家・故かこさとし(加古里子)さんと区のつながりを紹介するパネル(監修・加古総合研究所)が4月15日、区役所1階ロビーに設置された。

 かこさんは1950年から約20年間、幸区に在住。地域生活の改善や福祉の向上を目指すセツルメント活動に取り組んでいた。主に古市場地区を中心に子どもたちと関わり、紙芝居に力を入れ、後に絵本になったものも多くある。

 パネルは1・5メートル四方サイズの木製2枚で作製。その中には代表作『だるまちゃん』の人形を持ち笑顔を見せるかこさんの写真や、幸区でのセツルメント活動、その活動からうまれた『わっしょいわっしょいぶんぶんぶん』『どろぼうがっこう』『おたまじゃくしの101ちゃん』など、6作の絵本が紹介されている。

 区の担当者は「区民の方にかこさんと地域の関係を知ってもらうことでより地域に対する思いを深めるきっかけになればと思います」と語る。

 パネル設置にあわせ、幸図書館にはかこさんの本を集めたミニコーナーが開設された。

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook