川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

国際ロータリー第2590地区第1グループガバナー補佐に7月1日付けで就任した 増田 敏雄さん 川崎区大島在住 57歳

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena

突き動かす探求心

 ○…川崎、横浜市内に55ある奉仕団体「ロータリークラブ」(RC)の束ね役・ガバナーを支える立場に立った。第1グループに属する7クラブの橋渡し役として「日々変化する地元のニーズをいかにくみ取るか」を考える。各クラブの活動に寄り添いつつ、目指すべき目標への理解を求めながら道筋を立てていく。「コロナで通常通りの活動はできないが、奉仕活動の歩みは止めてはならない」と情熱を燃やす。

 ○…知人の紹介で川崎マリーンRCに入会してから18年が経った。地区の役員を3つ兼任するなど、行動することで信頼を勝ち取ってきた。2014-15年度には会長職も。水辺の学校や学童野球大会など、仕事のかたわら、多い時には年間30以上の奉仕活動に従事。「やりすぎた」と笑うが、「企業人として、お世話になった地域のために、やるべきことはやる」という「社会貢献へのプライド」がベースになっている。

 ○…川崎区の向小に通い、中学から桐蔭学園(横浜)へ。高校もエスカレーター式だったが、「やんちゃ」な遊びに夢中になり休学。千葉の成田ゆめ牧場で1年間住み込みで働いた。その後、高校を中退し、プラント工事の企業で働きながら神奈川大学の夜学に通った。卒業と同時に会社を立ち上げたが、リーマンショックを受け1億円超の債務超過に陥ったことも。厳しい時期を支えてくれたのは家族、社員、顧客だった。「人は一人では生きていけない」。このころの実体験が活動の根源だ。

 ○…ゴルフやカラオケ、極真空手と多趣味。4月には油絵を学びたいと57歳にして「大学生」に。「人生には限りがあるから。やりたいこと、できることにはベストを尽くしたい」。持ち前の探求心で突き進む。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

藤原 優子さん

香辛子レシピコンテストで最優秀賞を受賞した

藤原 優子さん

川崎区小田在住 36歳

9月24日号

向坂(さぎさか) 光浩さん

川崎アゼリアの代表取締役社長を務める

向坂(さぎさか) 光浩さん

多摩区在住 60歳

9月17日号

蛯原 帆奈海さん

若者の地域活動を支援する市民団体「川崎ワカモノLab」の共同代表を務める

蛯原 帆奈海さん

幸区南加瀬在住 22歳

9月10日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーを務める

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

9月3日号

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

川崎パシフィック法律事務所代表弁護士 44歳

8月27日号

堀田 彰恵さん

公益社団法人川崎市看護協会の会長に就任した

堀田 彰恵さん

中原区在勤 60歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook