川崎区・幸区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

「不登校考える」親の会発足 8月8日、教文で集会

社会

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
山中さん、城谷さん、竹内さん(左上から時計回り)
山中さん、城谷さん、竹内さん(左上から時計回り)

 不登校の子どもを持つ親同士が、体験を語り合い情報を共有する「親の会」が川崎区で発足する。川崎区の山中治子さん(53)=人物風土記で紹介=と幸区の城谷創一さん(54)が中心となり、第1回目の会を8月8日(日)、教育文化会館(川崎区富士見)で開催する。

 山中さんと城谷さんは中原区で活動する「不登校を考える親の会 川崎の会」にそれぞれ参加した。今年5月ごろ、山中さんが同会を主宰する竹内春雄さん(72)から川崎区での会の発足を打診され、旧知の城谷さんと立ち上げることになった。竹内さんもアドバイザーとして関わる。

 会にはまだ名称はなく、参加した人たちと考える予定。今後、月1回ペースで教育文化会館を拠点に開催していく。8月8日にはキックオフイベントを開催。10月には不登校の子どもと親の相談に20年以上関わり続け、不登校関係の著書も多数ある神戸大名誉教授の広木克行氏の講演会も予定している。

「親が味方になって」

 「子どもが不登校になると親や学校はなんとかして学校に行かせようとする傾向にある」と竹内さん。親の会は学校復帰や社会復帰ではなく、子どもが自信をもって生きられるように導くことを目的としている。竹内さんは「親が子どもの味方になってはじめて不登校の子どもは変わる。また親が元気になれば子どもも元気になる。経験を共有し仲間ができることで親は変わる。そのための親の会」だと力説する。

 山中さんも城谷さんも子どもが不登校になった経験を持つ。城谷さんは自身が初めて親の会に参加した時、「悩んでいるのは自分ひとりじゃない、大丈夫だ」と思った経験から、「会の時以外でも相談ができる関係、仲間をつくることができる場にしたい」という。山中さんは「初めての参加はハードルが高いかもしれないが、勇気を出してほしい。話さなくても聞きに来るだけでもいい。一歩動けばいろいろな人に出会えて景色が変わるはず。ひとりで悩まないで」と呼び掛ける。

 日程は8月8日午後1時30分から4時。教育文化会館で。参加費は無料。定員は15人(コロナ対策のため)。

 川崎市の調査では市内の小中学生の不登校は2089人(2019年度)となっている。

 

 会への参加申し込みはメール(s.shirotani@kawaikyo.or.jp)もしくは、申し込みフォーム(https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=cDpwwbhi)から。問い合わせは【携帯電話】090・6706・5454(城谷さん)へ。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

県救急医功労者に御宿医師

県救急医功労者に御宿医師 社会

幸急患診療に尽力

9月24日号

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

高さ120m 複合施設整備

京急川崎駅西口地区

高さ120m 複合施設整備 社会

周辺地域活性化へ

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

パリ、ロスも五輪目指す

ビーチバレー石島選手

パリ、ロスも五輪目指す スポーツ

川崎からメジャー競技に

9月10日号

地域型 川崎区に1カ所増設

障害者相談支援センター

地域型 川崎区に1カ所増設 社会

地区担当制で体制強化

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook