川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

川崎市 資源物持ち去り、罰金も 来年4月施行目指す

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
多摩川河川敷に積まれたアルミ缶
多摩川河川敷に積まれたアルミ缶

 資源物の持ち去りを禁止する条例改正案が、市議会定例会に先月提出され、10日8日の本会議で賛成多数で可決された。2022年4月に施行、同年10月から違反者に罰金刑が科せられる。市は施行までに広報媒体などを活用し、周知していく考え。

 禁止するのは、市内のごみ集積所や回収場所からアルミ缶などの資源物を持ち去る行為。市が指定する事業者以外の持ち去りが確認された場合、市が指導し、従わない場合は禁止命令書を交付。違反者は20万円以下の罰金刑が科せられ、その法人なども対象となる。

 条例改正の施行は22年4月1日、罰則の適用は同年10月1日。市は施行に向け、市政だよりや町内会自治会の回覧板などを通じて市民に周知していくとしている。

流出、5年で1億円超

 資源物の持ち去りについてはこれまで、騒音やごみの散乱など衛生面、処理費用がかかる粗大ごみが不正に持ち去られていることなどの苦情が市に寄せられていた。その資源物のおよそ8割がアルミ缶で、18年度までの5年間で約1億1千万円もの収入源が流出。市によると、アルミ缶はホームレスによる持ち去りが目立ち、粗大ごみや小物金属などは車両利用者が多いという。

 市環境局の担当者は「パトロールや指導などにより行為を未然に防ぎ、悪質性が高い組織的な行為への取り締まりを強化していく」と話す。

 一方、ホームレスにとってアルミ缶の売り払いで得た収入が生活の糧になっている実態もある。そのため市は、ホームレスの自立に向け、福祉施策への誘導や相談体制強化などの支援策にも取り組む。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

古市場7年ぶりV

古市場7年ぶりV スポーツ

秋季ドッジボール大会

12月3日号

温暖化防止ポスター制作

温暖化防止ポスター制作 社会

川崎大師日曜教苑生ら

12月3日号

韓国・朝鮮舞踊を学ぼう

韓国・朝鮮舞踊を学ぼう 文化

11日から 市ふれあい館で

12月3日号

薬物乱用の恐さ伝える

川崎東LC

薬物乱用の恐さ伝える 社会

新町小6年生児童に

12月3日号

脱炭素の模範18団体を表彰

川崎市

脱炭素の模範18団体を表彰 経済

最優秀は2団体

12月3日号

市長へ予算要望書提出

市長へ予算要望書提出 政治

川崎区市議団

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook