川崎区・幸区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

ビューティージャパンファイナリストとして日本大会に臨む SATO YURIさん(本名:佐藤友梨) 幸区在住 

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

弱さ受け入れ、豊かに

 ○…「移動手段はママチャリ。きょうも全速力でこいできました」とチャーミングな笑顔を見せる。なんとも親しみやすい人だ。「性格は真っすぐ。でも器用さはありません。決めたことだって守れないし、すぐにへこみます。そんな弱さをもってますよ」。でも、そんなダメな部分が「自分らしさ」。受け入れることができた先に、美しく社会貢献する女性を発掘するコンテスト「ビューティージャパン」があったという。

 ○…幸区出身。小倉小、南加瀬中と18年間地元で過ごした。「信じられないかもしれませんが、小学生の頃は目立たない子でした」。中国・上海の大学を卒業、東京でジュエリーデザイナーとして働き始めた。数年後、ニューヨークでジュエリーアーティストの師匠と出会い、弟子入りし、創作活動に没頭。

 ○…結婚もし、経済的には安定し、順風満帆な人生に思われたが、結婚生活は2年で破綻。これまでの精神的な無理がたたり、適応障害となり、まともな日常生活を送ることができなくなった。それでも他人の目を気にし「ホームレスになってもいいからニューヨークに住み続けたい」としがみついた。

 ○…自分の中での価値観が自身を苦しめていたことに気づいたのは、セラピストとのカウンセリングを通じてだった。いつしか心には余裕が生まれるようになった。宝飾の世界では採掘に伴う環境汚染が深刻化。「何かできることはないか」と 廃棄された携帯電話やPCといった国内の「都市鉱山」を使ったジュエリーの創作など、環境活動に注力。子どもの頃には関心がなかった夢見ヶ崎動物公園も今では癒しの場となっている。19日の日本大会では、そんなありのままの自分を知ってもらう。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

美須 アレッサンドロさん

創業100周年を迎えるチッタグループの4代目代表を務める

美須 アレッサンドロさん

川崎区小川町在勤 43歳

1月28日号

高橋 創一さん

今月16日から幸スポーツセンターの館長を務める

高橋 創一さん

幸区戸手本町勤務 35歳

1月21日号

遠藤 由佳さん

「かながわ商店街大賞」特別賞を受賞した鹿島田商店会の会長を務める

遠藤 由佳さん

幸区在住 44歳

1月14日号

垣浪 利之さん

55歳でドラコンのプロ選手になった

垣浪 利之さん

川崎区藤崎在住 55歳

1月7日号

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区下平間在住 35歳

1月1日号

関根 和弘さん

昨年9月から15カ月間、毎日インターネットラジオを配信し続ける

関根 和弘さん

川崎区塩浜在住 61歳

12月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook