川崎区・幸区版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

市制100周年 都市緑化フェア川崎で 正式決定 主会場に3大公園

文化

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
主会場の一つ、富士見公園のイメージ=市提供
主会場の一つ、富士見公園のイメージ=市提供

 川崎市が市制100周年を迎える2024年度に、「全国都市緑化かわさきフェア」を開催することが正式決定した。今月17日付で国土交通大臣の同意が得られ、川崎市での開催は初。市民や企業と協働した「新たなみどりの文化の醸成」を掲げ、全国に発信する。

 市が誘致に力を入れてきた「全国都市緑化フェア」は、緑豊かな都市づくりの普及啓発事業として国交省が提唱する花と緑の祭典。1983年から各地で毎年開催され、川崎市は第41回となる。

 開催に向けて市は、臨海部や丘陵地など地域ごとに特性のある「川崎のみどり」を活用した取り組みを検討。主会場として、市内南・中・北部に立地する総合公園「富士見公園」「等々力緑地」「生田緑地」の3カ所を設定した。このほか、公共施設等の協賛・連携会場も各地に設け、市全体の一体感づくりを図るという。川崎区の会場は、川崎駅周辺やキングスカイフロント、幸区は新川崎・鹿島田駅周辺、川崎駅西口、御幸公園、夢見ヶ崎公園を想定する。

 開催期間は24年10月中旬〜11月上旬の20日間程度と、25年3月の30日間程度を予定。各区の木や花の見頃等を踏まえ、秋春の2期とした。

開催後の姿 視野に

 市は学識経験者や市内団体の意見を募る懇談会を重ね、20年度にフェアの基本構想を策定。21年度は基本計画を練り、年度内に骨子を固める。

 骨子案ではフェア以降も続く緑化推進に開催前から取り組むとし、「みどりでつなげる、暮らしやすく住み続けたいまち」を将来像に掲げる。懇談会委員の市商店街連合会理事・反町充宏さんは「一過性のものではなく、豊かなまちづくりにつながる仕組みが課題であり重要。市商連として全面的に協力したい」、市観光協会理事・萩原ひとみさんは「フェアを契機に商店街や飲食店、ホテルなどが一緒になってこれからの川崎を盛り上げていけたら素晴らしい」とそれぞれ話す。

 第一歩として市は、植物を使った空間デザインの実証実験を市庁舎で今月開始。22年度には実行委員会を発足させ、具体的な計画を進めていく。福田紀彦市長は1月18日の会見で、「都市の中でうまくみどりをつくり出し、育んでいくことがまちの価値向上にもつながる。産業都市のような川崎だからこそ、みどりに価値を見いだしていきたい」と語った。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

小倉3部作で地域活性

商店街PRソング

小倉3部作で地域活性 社会

第1弾は6月5日披露

5月20日号

待機児童2年連続ゼロ

川崎市

待機児童2年連続ゼロ 社会

保留は4年連続減少

5月20日号

ヘイトクライム対策要望

ヘイトクライム対策要望 社会

ふれあい館館長ら、古川法相に

5月13日号

100周年へ会員増に意欲

沖縄県人会金城会長

100周年へ会員増に意欲 文化

運動、ライブなど交流事業再開へ

5月13日号

新しい福祉拠点始動

川崎区桜本

新しい福祉拠点始動 社会

「みんなの家」 孤立、貧困対策

5月6日号

防災訓練、若手参加へ一手

幸区

防災訓練、若手参加へ一手 社会

親子向け宿泊体験

5月6日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook