川崎区・幸区版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

第23代幸消防署長に就任した 飯田 康行さん 幸区戸手勤務 56歳

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena

胸に刻む師の言葉

 ○…幸消防署での勤務は3度目。幸区は自然が多く、子ども達の声があふれる町の姿は8年前と変わらない。火の用心ののぼり旗が多く掲げられ、防火意識の高い人たちが多く、また働きたいと思っていた。「消防団や防火協会の人たちに『お帰り』と温かく迎えられ、戻ってきたと実感した」と笑顔を見せる。

 ○…1988年入庁。35年間の消防人生で予防、総務、警防と幅広い分野に携わってきた。2003年の十勝沖地震や、11年の東日本大震災では派遣で現地に赴いた。コンビナートの炎上など大変な現場を見たことで、「想像力を働かせ、備えることが大事だ」と深く感じた。最近の地震の多さにも警戒心を強くする。「地域の皆さんにもしっかり準備をしてもらいたい。コロナ禍も続いており、感染症対策も気を緩めずに」と呼びかける。

 ○…横浜市出身。幼少期に始めた水泳は変わらず今も続ける。「体が資本の仕事ですから」と土日は朝から昼までしっかり体を動かす。主に、ジョギングや散歩で、横浜の自宅近くには、山下公園、みなとみらい、野毛山、三ツ沢公園、保土ヶ谷公園などコースが充実している。家族は妻と子ども2人。娘と息子はともに医療従事者として働く。

 ○…消防士になる後押しをしてくれた大学時代の恩師の言葉「花より花を咲かせる土となれ」が常に胸にある。今は署員という花を咲かせるための支えに徹する。署長就任にあたり、風通しの良い組織にするため、一人ひとりの任務についてしっかり聞くので何でも話してほしいと訓示した。「署員150人が力を合わせないと、区民のオーダーには応えられない。一丸となってチームワークで区民を守ります」と意気込む。

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

吉澤 慶太さん

川崎銀柳街商業協同組合の理事長に就任した

吉澤 慶太さん

幸区堀川町在住 57歳

6月24日号

吉田 優輝さん

全日本フルコンタクト空手道選手権大会女子中量級で優勝した

吉田 優輝さん

新極真会川崎東湘南支部川崎道場所属 18歳

6月17日号

立石 有香莉さん

クッション型トランポリンを開発して起業。幸区盛り上げ隊にも参加する

立石 有香莉さん

幸区中幸町在勤 27歳

6月10日号

米澤 奈緒さん

川崎区盛り上げ隊の隊長を務める

米澤 奈緒さん

川崎区出来野在住 41歳

6月3日号

八木 美智子さん

第57回神奈川県看護賞を受賞した

八木 美智子さん

川崎区藤崎在住 60歳

5月27日号

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook