さがみはら南区版 掲載号:2011年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

東林間神社・第9代目総代長 古木 益美左(ますひさ)さん 南区上鶴間在住 78歳

境内いっぱい“福よ、来い”

 ○…「東林間には最初、5つの家(家族)があったんだよ」。確かにそれは、大正9年当時を描いた絵画にも明記されている。「中村新開(しんかい)」と称されていたこの地に鍬(くわ)が入れられてから、今年で123年。「五軒家(ごけんや)」と呼ばれていたその先駆者らの末裔(まつえい)の1人が船頭(せんどう)となり、今年も境内に節分の福をもたらしてくれる。神社の2月3日の恒例行事だ。

 ○…駅そばの東芝林間病院の南西側に屋敷の敷地があった(駅南側、スーパー三和のあたり)。昭和4年、小田急江ノ島線開通によって土地は分断。家のすぐ隣を電車が行き来した。農作業に勤しみ、庭を見遣(みや)れば、炭焼きの土窯(どがま)がもくもくと煙を上げている。相模原のほかの地でも当たり前だった光景だが、今では幾多の土地の買収や区画整理でなくなった。「小さい時は、家の敷地内に稲荷(いなり)もあったんだ」。流石に、地域の守り神を失うのはためらわれた。代替地に小さな社が作られ、修行先で培った自分の技術で鳥居を創建。現在、東林間神社があるところこそが、その稲荷が新しく鎮座(ちんざ)している場所である。

 ○…趣味は10代のときから始めたゴルフ。今でも、月に4回ほどラウンドへ。実は、この地域の若人らの“密かな楽しみ”だった。遊び場は、東海大相模高校の裏手にある「相模カンツリー倶楽部」(大和市)。周囲で、ゴルフ場に勤務する大人も多かった。「この辺の子どもは、みんなキャディーもやらせてもらって。いいお小遣い稼ぎになった」。まだ終戦まもない話だ。

 ○…自ら創業した建設会社の社長を退いたのが、およそ5年前。それでも、「意外と忙しくてさ」。改めて、神社にまつわる歴史を再整理している。「初詣はね、神社の外にも長蛇ができるほどだったんだよ」。初代総代長を勤め上げた父。甦るかつての思い出に、誇らしく目を細める。“鬼は外、福は内”。今年もたくさんの人と祈願できることを、心待ちにしている。

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

1月25日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク