さがみはら南区版 掲載号:2011年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

相模原市の地震対策 「3日は自力で」「避難所・備蓄確認を」 市内に直下型(M6.9)想定  アセス調査のまとめ(H18年度)

 相模原市では平成18年度に「相模原市東部直下(M6・9/市内の建物被害予測・全壊8429棟)」など3パターンの地震を想定し、『相模原市防災アセスメント調査』を実施。市内の被害予測をまとめている。

 それによると、本市は沿岸部より約30Km以上内陸部にあるため、津波被害は想定されておらず、河川の氾濫などもないと見ている。液状化に関しては、市内のほとんどが危険性のない場所に想定されているが、相模川沿岸や境川、沢井川付近の低地で危険性が予測されている。

 また、直下型地震の被害想定量に基づく避難所収容者数を4万6500人と想定。これを基に、避難所収容者数の3日分・41万8500食を備蓄目標としてカンパン、アルファ米、サバイバルフーズなどを市内の避難所倉庫や一般倉庫に備蓄している。水については、飲料水兼用貯水槽(2000㎥)、緊急遮断弁付受水槽(2099・4㎥)の整備を行い、飲料水を確保。小中学校のプール(107ヵ所)の水をろ過することで生活用水として活用できるほか、谷ヶ原浄水場(緑区城山)からも給水を受けられるとしている。

 なお、地震直後に公的な救助、支援の可能性は低い。そのため、市は食糧や飲料水、生活用品など、最低3日間は自力でしのげる備えをするよう呼びかけている。「地震に対する知識を得ることで家庭での避難場所や備蓄の確認などに役立ててもらえれば」と、市危機管理室。防災ガイドブックは市役所や各まちづくりセンターなどで配布している。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6件

上位進出めざし、発進

ノジマステラ神奈川相模原

上位進出めざし、発進

3月15日号

80歳超えて新たな挑戦

復興支援 多様な形で

相模女子大学生ボラ委

復興支援 多様な形で

3月8日号

自治体ポイント導入へ

相模原市

自治体ポイント導入へ

3月8日号

「地域貢献アイドル」が卒業

大磯町商工会と連携

相模女子大

大磯町商工会と連携

3月1日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク