さがみはら南区版 掲載号:2011年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

日本現代詩人会の理事長を務める 八木 幹夫さん 南区相模大野在住 64歳

どれだけ癒す力を持つかが「詩」

 ○…今月6日に相模原市立総合学習センターで行われた相模原詩人クラブ主催の講演会「西脇順三郎が見た戦前戦後の日本の風景」で講師を務めた。難解と言われる西脇氏の詩の世界を解説。普段なら20人程度が平均の講演会で50人近くを集めた。「若い人たちに西脇さんに興味を持ってもらいたい。彼の作品は現代詩の古典的な位置にあるが、常に新しい。詩を読まない人でも新鮮に感じるはず」とその世界観を語る。

 ○…詩に興味を持ったのは、石川啄木らの作品に触れた旭中学時代。高校に入ると”短歌少年”に。大学で英米詩にふれ、詩を書き始めた。卒業後は、市内の7つの中学校で英語教師として教鞭を振るった。授業が終わり、家に帰ってから詩を書き続ける日々。一時、書くことをやめていたものの、その熱は収まらず、38歳の時に西脇順三郎をオマージュした詩集を上梓。現在までに詩集8冊、現代詩文庫1冊、お経の訳書を1冊世に送り出している。

 ○…「詩は軟弱なものを受け入れる。現実に汗水流して働いている人にどれだけ癒す力を持ちうるか。即効性を求めるものではない」そう詩の持つ力を話す。西脇順三郎、辻征夫らの作品に傾倒し、詩の魅力を「憧れ」だという。「現実を現実として受け入れるだけなら面白くない。”憧れ”が詩を書く上で原動力になり、また”怒り”も含む。矛盾しているけどね」と微笑む。

 ○…現在、千人の会員を持つ日本現代詩人会の理事長、愛知淑徳大学大学院で非常勤講師を務める。週に一度大学で講義を行い、他の日は自宅で会の事務作業や作品の批評、自身の作品の執筆を行う。また、週に3日は趣味の畑仕事に汗を流す。「今回の震災を受けて、本当にダメージを受けた人の心に届く言葉とは何か、その探求に格闘していかないと。そしてシリアスな現実を超えるユーモアやウィットを大事にした作品を書いていきたい」。今後の目標をそう話してくれた。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

1月25日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク