さがみはら南区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

家具の大正堂 本店裏の森で植樹 今夏以来 36人が参加

社会

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena
親子連れや夫婦で参加する姿も
親子連れや夫婦で参加する姿も

 南区上鶴間本町に本店を構える(株)家具の大正堂(渋谷金隆社長)の裏にある「道正山るーたん♪の森」で、11月29日に植樹祭が開催された。1978年9月に開店した本店の、36周年を記念して行われたもの。

 この森は、元々は傾斜地で店舗用地としての利用法がなく、ツタなどが生い茂っていた。昨夏に創業100年を記念して、同社の社員や近隣住民の団体「境川の道正山河畔林を守る会」の会員らが清掃や整備に着手し、植樹なども実施。今年の7月にオープニングセレモニーが行われて以降は、地域住民や同店の利用客が自由に入って、自然にふれられる憩いの場として一般開放されている。森の名称は、「ルームズ大正堂」の頭文字に由来している。

宮脇方式で

 植樹祭当日は朝からあいにくの雨模様。それでも、同社関係者や近隣住民ら36人が森に集合。それぞれ移植ごてを手に、シイ・タブ・カシ類の苗木およそ200本を植えた。苗木は、どんぐりや木の実から植樹用ポット苗の栽培を行う「いのちの森づくり」プロジェクトを推進し、同社の活動を応援している社会福祉法人、進和学園(平塚市)などから提供を受けた。

 同社では、植樹に「宮脇方式」と呼ばれる方法を採用している。これは横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏が提唱している方式で、その土地本来の樹木(潜在自然植生)の苗木を育て、主木種を中心にその森の構成樹種を混植。さらに、互いの間隔を狭めて密植することで競争原理を促し、早期に自然の森のような状態を作り出すというものだ。

憩いの場に

 この大正堂の森づくりは、東北地方の太平洋沿岸で土を掘って瓦礫を埋め、そこに植樹して防潮堤を作ろうという宮脇氏の取り組みに同社の渋谷社長が賛同したことが発端。家具の販売や住宅の新増改築を行う同社の事業は木が無ければ成り立たず、森とは密接に関係していると渋谷社長が考えて始めたものだ。地域住民の憩いの場としての利用も考えており、「今後は育樹祭なども行っていきたい」と渋谷社長は話している。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク