さがみはら南区版 掲載号:2015年9月17日号 エリアトップへ

上鶴間本町在住 芝野龍之介さん 17歳で囲碁日本一 史上最年少 アマ本因坊に

文化

掲載号:2015年9月17日号

  • LINE
  • hatena
Vサインを作る芝野さん
Vサインを作る芝野さん

 アマチュア囲碁の日本一を決める「第61回全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会」(毎日新聞社・日本棋院主催)がこのほど東京都千代田区の日本棋院会館で開かれ、上鶴間本町在住の芝野龍之介さん(17)=東京大学付属中等教育学校6年=が史上最年少で初優勝した。

 この大会には地区予選を勝ち上がった代表55人と招待選手9人の64人が出場。

 順調に勝ち上がった芝野さんは、決勝戦で埼玉代表の林隆羽さん(15)と対戦。以前からの友人で手の内を知り尽くした相手だったが、それでも序盤から本来の打ち回しでリードし、正確な読みで振り切った。

6歳から研さん

 芝野さんが囲碁を始めたのは6歳。囲碁漫画「ヒカルの碁」のファンだった父親の影響で、2歳年下の弟・虎丸さんと一緒にルールを学んだ。当初は家族で楽しんでいたが小学2年で町田市の囲碁教室へ。翌年には日本棋院のある市ヶ谷の教室に移り研さんを積んだ。

 そこでアマ2段を取得するも「プロを目指す子たちに及ばない」と発起し、多くの一流棋士を輩出している洪道場に入門。その後、本格的にプロを目指すため、試験を経て13歳で日本棋院の院生となった。

 「毎週土日にリーグ戦があったため、学校行事に参加したことがない」と苦笑する芝野さん。棋院では順調にクラスを上げ、昨年には院生の序列2位まで上り詰めたが、年齢制限により卒業を余儀なくされた。

将来はプロに挑戦

 これまで院生はアマチュア大会に出場できなかったため、本格的な大会参戦は7月の「朝日アマチュア囲碁名人戦全国大会」が初めて。大勢の観戦者がいる中での対局に緊張し、準優勝に終わった。そして今回。「実力が発揮できれば優勝できると思っていた」と話す芝野さん。今週末の19日・20日には「世界アマチュア囲碁選手権日本代表決定戦」に出場が決まっている。

 実は弟の虎丸さんは15歳で一足先にプロ棋士に。自身は現在受験生のため、囲碁に費やす時間は限られているが「将来的には棋士採用試験を受験してプロを目指したい」と話している。
 

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

区制10周年記念切手を販売

日本郵便

区制10周年記念切手を販売 社会

各区と共同作成で3種類

7月2日号

都県を越えて啓発活動

交通安全

都県を越えて啓発活動 社会

3署合同でキャンペーン

7月2日号

SC相模原、27日初戦

サッカーJ3

SC相模原、27日初戦 スポーツ

コロナ禍経て、開幕へ

6月25日号

ひとり親支援などに18億

6月補正一般会計

ひとり親支援などに18億 経済

キャッシュバックも可決

6月25日号

甲子園で交流試合

「幻の選抜」

甲子園で交流試合 スポーツ

東海大相模も招待校に

6月18日号

座間さんが大臣賞に

消費者支援功労者表彰

座間さんが大臣賞に 社会

市内初 37年間の活動評価

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク