さがみはら南区版 掲載号:2017年6月15日号 エリアトップへ

若草ジュニアバドクラブ 女子団体が県連覇 熱戦制し、総合力で勝利

スポーツ

掲載号:2017年6月15日号

  • LINE
  • hatena
笑顔を見せる安藤監督(後列左)と女子団体チームの選手たち
笑顔を見せる安藤監督(後列左)と女子団体チームの選手たち

 「若草ジュニアバドミントンクラブ」(安藤隆監督)の女子団体チームが、6月3日に行われた「第23回若葉カップ神奈川県予選会」(神奈川県バドミントン協会主催)に出場し、昨年の初優勝に続き連覇を達成した。

 団体戦は1チーム7人で、4年シングルス、5年シングルス・ダブルス、6年シングルス・ダブルスの5試合を行い、勝利ゲーム数の多いチームが勝ちあがる。今大会の女子団体の部には、県内の10クラブが出場。昨年優勝の若草ジュニアは、4チームで組まれた予選Aブロックに入った。 初戦の対戦相手は羽飛(はねとび)(川崎)。「予選で最大の難敵」と安藤監督が話した通り、試合は予想以上の大熱戦となった。シーソーゲームを繰り返し、ゲームポイント2対2で迎えた5年生シングルス。勝った方が予選ブロック通過を、ほぼ手中にする大事な一戦を任されたのは岸田南乃芭さん(5年)。実力伯仲の相手に22-20、28-26と粘り勝ち、チームを勢いづけた。

 続く予選の試合を連勝して、迎えた決勝戦。相手は昨年も同じ舞台で戦った青葉ジュニア。雪辱に燃える相手に一進一退の攻防となったが、最後は生和詩絵里さん(5年)が21-7、21-7で相手を振り切り勝利。ゲームポイント3-2で優勝を決めた。

7月に全国へ

 若草ジュニアは7月28日(金)から京都府で開催される全国大会に出場する。チームリーダーの近藤帆乃佳さん(6年)は「県で優勝できたのは一人ひとりが最後まで諦めずに戦った結果。全国でも諦めない姿勢で頑張って、まずは決勝トーナメント進出、そして全国一を目指したい」と笑顔で話した。安藤監督も「昨年初優勝して、選手が自信と誇りを持ってくれた。それが勝利につながった。全国大会は、昨年は予選ブロックで敗退したので、今年こそ決勝トーナメントに進みたい」と意気込んでいる。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「桜の戦士」に熱き声援

ラグビーW杯日本大会

「桜の戦士」に熱き声援 スポーツ

大野で市内唯一のPV 

10月10日号

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

「余った食品 持ち寄って」

「余った食品 持ち寄って」 社会

市が受入窓口を開設

10月3日号

1日限り “ロボット大学校”

1日限り “ロボット大学校” 教育

11月23日 旧新磯高校で

10月3日号

29年の歴史 9月30日に幕

伊勢丹相模原店

29年の歴史 9月30日に幕 経済

「閉店後」にも関心高まる

9月26日号

「地域から盛り上げたい」

2020東京オリ・パラ

「地域から盛り上げたい」 社会

上鶴間公民館が独自事業

9月26日号

日本代表 大画面で応援

日本代表 大画面で応援 スポーツ

ラグビーW杯 大野でPV

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月12日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高崎隆二さんが感謝祭

入場無料

高崎隆二さんが感謝祭

22日 あじさい会館

10月22日~10月22日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク