さがみはら南区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

学生主体の子ども食堂 市民と連携 5月スタート

社会

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena
学生とボランティア団体メンバーが一緒に作業
学生とボランティア団体メンバーが一緒に作業

 相模女子大学で栄養学を学ぶ学生たちと地域のボランティア団体「であいの和」が連携して運営する「ぴよにわ子ども食堂」が、先月から活動を開始している。

 「ぴよにわ」とは、ヒヨコ(子ども)とニワトリ(大人)が家の庭で楽しく集うことをイメージして命名。「地域の人が夕食のひと時を一緒に楽しく過ごせるように」との思いも込められている。

 会場はユニコムプラザさがみはらの調理室。毎月1回の開催で7月までは金曜日、9月以降は火曜日を予定している。メニューは栄養士養成課程の学生が栄養バランスを考えて毎回作成。子どもたちは食事だけでなく、料理の手伝いにも参加できるという。

 参加費は中学生まで無料、高校生150円、大学生以上300円。事前申し込みは不要なので、当日直接会場へ。午後6時から7時30分まで。今後の予定は6月22日(金)・7月27日(金)・9月18日(火)。問合せは相模女子大学短期大学部【電話】042・742・1723へ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

職域接種 7月開始へ

県宅建協会

職域接種 7月開始へ 社会

会員、職員ら3千人想定

6月24日号

地域課題解決のヒントに

地域課題解決のヒントに 社会

市社協らが冊子発行

6月24日号

ロゴ、エンブレムを刷新

ノジマステラ神奈川相模原

ロゴ、エンブレムを刷新 スポーツ

節目のシーズンに

6月24日号

SC、ヴェルディに敗れる

サッカーJ2

SC、ヴェルディに敗れる スポーツ

6連敗で浮上ならず

6月24日号

川柳募集

川柳募集 文化

6月24日号

「共同体」を考える

「共同体」を考える 教育

20日 相模大野でセミナー

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter