さがみはら南区版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

苦悩の中で実感した「サッカー愛」相模原での日々を胸に第2章へ

スポーツ

通算500試合出場を達成しファンと喜びを分かち合う川口
通算500試合出場を達成しファンと喜びを分かち合う川口
 「炎の守護神」として愛された男の物語に、一つの幕が下りようとしている―。4度のW杯を経験し、GKとして歴代最多の日本代表116キャップを誇る日本サッカー界のレジェンド・川口能活は今シーズン限りでの現役引退を決意した。横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)でキャリアをスタートし、その後、海外リーグなどで活躍した川口の現役最後の地となったのは相模原。常に日本サッカー界を背負ってきたレジェンドは、ここ相模原で何を感じ、何を残したのか、最後の地で歩んだ道のりを追った。

新たなチャレンジ

 川口がSCに入団したのは2016年。所属していたFC岐阜と契約満了になったところ、声を掛けたのが高校の先輩でSCの会長を務める望月重良氏だった。「相模原のために力になってほしい。最後にもう一花咲かせよう」。元日本代表・高原直泰が退団し、若手・中堅中心のチームにとって、川口は経験豊富なベテラン選手、そしてクラブの「顔」としての価値を持ち、チームを盛り上げるにはこの上ない存在だった。川口も40歳を迎えてなお、自らを必要としてくれる先輩の気持ちに心が震え、入団を決意した。

 欧州やJ1、J2を経験したベテランにとって、創設間もないJ3は未開の地。SC加入は「新しい環境の中でのチャレンジ」と位置付け、年齢的に引退が頭をよぎる中で現役続行を選択した。入団会見では「相模原に骨を埋める覚悟」と宣言。相模原の地でサッカー選手としての集大成を迎える決意を固めた。

揺らぐプライド

 世界を舞台に活躍してきたレジェンドであっても、SCでの3年間は決して順風満帆とは言えなかった。1年目は開幕直前に足首にケガを負い出遅れた。2年目には若手GK・藤吉皆二朗台頭で出場機会に恵まれず、今年も新加入の大卒GK・田中雄大選手に長く守護神の座を明け渡し、出場は5試合にとどまる。

 この間、川口は葛藤していた。J3という決して注目度の高くない中でプレーしている自分自身に、今まで積み上げてきた実績や経験に裏付けされるプライドが揺らいでいた。「一人の時には自分自身に対して疑心暗鬼になることもありましたね」。普段多くを語らないベテランは、かつての「残像」と現在の自分の姿との狭間で人知れず苦しんでいた。

「プレーへの喜び」と「仲間の支え」

 川口にとっては苦しさを伴う3年間だった。ただ、同時に「プレーできる喜び」を再認識できた時間でもあった。J1、J2と比較しJ3のSCは決して恵まれた環境ではない。専用練習場はなく、アウェー試合の多くがバス移動。クラブでは限られたスタッフが必死に選手をサポートし、試合を支えたのは気持ち一つで集まったボランティアスタッフと力強いサポーターだった。川口は「ボランティアの方は時間を割き、SCのために活動してくれている。簡単にできることではないし、当たり前だと思っていたことの大切さ、難しい環境でもまたプレーできる喜びを実感しました」。25年間キャリアを積み重ねていく中で、原点回帰とも言える素直な言葉だった。

 そして、「仲間」の存在に支えられた3年間でもあった。「一人になると余計な事を考えてしまうけど、グラウンドに行けば一緒に頑張っている仲間に会える。仲間がいたからサッカーを楽しむことに集中できました」。経歴や実績も異なる選手同士でも、日々勝利をめざし共に戦う仲間の存在は、川口の背中を誰よりも押してくれた。

受け継がれるもの

 川口はこの1、2年、引退と現役続行の間で揺れていた。引退記者会見では「完全燃焼したかと言えば、まだ余力は残している」と、川口らしい熱っぽい言葉で自らを分析した。では、なぜこのタイミングだったのか。川口にユニフォームを脱ぐ決断をさせたのは日本代表の躍進だった。

 ベスト16進出を果たしたロシアW杯。日本代表は世界の強豪と渡り合い、当時世界ランク3位のベルギーを土俵際まで追い詰めた。そのたくましい姿に、日本も世界で通用する可能性を感じ、世界基準へ日本を導くため指導者として自らが果たすべき役割を認識した。選手として相模原に骨を埋め、川口能活・第2章へと歩みを進めることとなった。

 レジェンドの幕引きに多くのファン、関係者が悲喜こもごもとした反応を見せたが、最も大きな衝撃を受けたのは今季、SCのゴールを守るGK田中かもしれない。大卒で今季から加入した田中。他クラブの誘いもある中でSCへ入団を決めたのは「憧れだった能活さんがいるから」。田中にとって、テレビの中の存在だった川口は「全てが勉強になる」生きた教科書であり、20歳程年の離れた「お父さん」のような存在でもあった。「良いプレーをした時は言葉で褒めてくれますし、ミスした時は頭をガシガシするだけで『次だぞ』と言われているようでした」。選手としてライバルではあるため、川口は田中を特別視して指導した訳ではないが、なにげない一言、一挙手一投足が田中の成長を後押しした。田中は「引退を聞かされた時は心にポッカリと穴が空いた気分でした。でも引退は決まったことなので、残りの時間でもっと多くのものを吸収して、最高の形で送り出したいです」と話す。

 12月2日が迫る。川口は「特に意識せずに準備をして、出場の機会があればチームの勝利のためにプレーしたい」と語る。試合後のセレモニーではどんな言葉を紡ぐか。クラブによると、現役最終試合はSC史上初、1万人を超える観客がギオンスに詰め掛ける予定だ。日本サッカー界を牽引してきた男の最後の雄姿を目に焼き付けたい。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク