さがみはら南区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

4Rプロジェクト 廃棄物をオシャレに活用 くらしフェアでエコ活動発表

教育

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
布団カバーを手にする吉川准教授
布団カバーを手にする吉川准教授

 相模女子大と町田市、東京ガス(株)の3者が取り組む「4Rプロジェクト」の研究発表が、7月5日・6日に町田市民フォーラムで開催された「まちだくらしフェア」の中で実施された。

 「4Rプロジェクト」とは、リデュース(ゴミそのものを減らす)、リユース(何度も使う)、リサイクル(分別し資源に)の「3R」に、デザインの力で「Reクリエイト」(再構築)するという概念を加えたもの。

 同大と市が2015年に協定を結び、17年からは東京ガス(株)も加わり協働研究を進め、商品開発やワークショップを行ってきた。町田市内で廃棄されたゴミ(=素材)を、デザインの力で「日用品」に変える活動をしている。

 研究発表では傘の生地を使用したエコバッグに加えて、布団カバーを素材としたスマホケースを紹介。生活デザイン学科の吉川ちひろ准教授は「生地を手で裂いて紐状にして織る『裂き織り』という昔ながらの手法で作るので、かわいらしく、若い人から年配の人にも好評です。4Rのタグも付けて商品らしくしました。この取組で環境について考える学生が増えてきたのは嬉しい」と話した。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

復興のレガシーに

復興のレガシーに 社会

建設関連団体協議会

1月16日号

カレンダーに真心込めて

カレンダーに真心込めて 社会

高齢者らにプレゼント

1月16日号

韓国映画「雪道」

上映会

韓国映画「雪道」 文化

2月1日 相模大野で

1月16日号

相模原で「初心」学ぶ

相模原で「初心」学ぶ 社会

松下政経塾 中山さん

1月16日号

「全ての世代が誇れるまちに」

「全ての世代が誇れるまちに」 社会

市賀詞交換会で本村市長

1月16日号

課題解消に全力を

課題解消に全力を 経済

相模原商工会議所

1月16日号

彦坂木版工房とコラボ

桜台美術館

彦坂木版工房とコラボ 教育

1月19日 一般公開

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク