さがみはら南区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

相武台団地商店街の「ひばりカフェ」オーナーとして地域活性化に尽力する 佐竹 輝子さん 座間市広野台在住 68歳

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

第二の人生、地域と共に

 ○…高齢化、単身世帯の増加といった課題を抱える相武台団地内の商店街に店を構える。団地を管理する神奈川県住宅供給公社の「グリーンラウンジプロジェクト」第1期店舗として、2015年12月にオープンして5年目。住民の憩いの場となっている同店の切り盛りに加え、商店街前の広場で行うハワイアンフェスタ等のイベントや、こども食堂を主催し、多世代を巻き込む活動を精力的に続ける。「商才はないので、赤字続き」と苦笑するが、「自ら望んでやっていること。できる限り長く店を続けたい」と話す表情は明るい。

 ○…18歳で結婚し、二男一女を育て上げた。20代当時、高級住宅地として四方を商店街に囲まれた相武台団地が近隣にあり、「生活を彩ってくれた、思い出の場所だった」。50代で子育てが終わり、目の当たりにしたのは、高度経済成長期を支えた世代が、どこか寂しそうに団地で暮らす姿。「この人たちが集まれる場所が作れれば」。抱いた思いが現実となったのは、両親や夫を見送り、64歳となった頃。「第二の人生、やりたいことをやろう」と、一念発起した。

 ○…先日、初詣で引いたおみくじには「いつかできることは今日せよ」との文言が。「ここ数年自分に余裕がなく、遊べてないなと感じていた。今年は新しいこと、テニスにチャレンジしたい」

 ○…「既に団地の平均年齢は80代。外に出てこられない方は、今後ますます増えていく」。現在は、移動販売や断捨離の訪問サービスを模索中だ。「短時間なら働ける方を集め、準備を進めたい」と、地域に寄り添う姿勢は揺るがない。「ただ、自分がいなくなったら終わってしまうのではだめ。いつか、志を同じくする人に受け継いでいけたら」とほほ笑んだ。

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

小林 俊通さん

開設25周年を迎えた「カナコー天文台」の世話役を務める

小林 俊通さん

大野台在住 64歳

6月3日号

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

声優・ラジオパーソナリティで、「おうちde第48回市民桜まつり」でさがみはら絵本「なつのおと」を朗読した

上原 すずさん(本名:宮前 磨美さん)

緑区大島在住 34歳

5月27日号

石井 彩さん

区内にある福祉施設のデザインを手掛ける

石井 彩さん

女子美術大学卒業 23歳

5月20日号

西田 周三さん

「かみつるま てくてくマップ」のイラストを手掛けた

西田 周三さん

上鶴間本町在住 75歳

5月13日号

平野 和夫さん

NPO法人相模原こもれびの理事長に就任した

平野 和夫さん

中央区在住 63歳

4月22日号

山角 直史さん

無料学習支援塾「おひさま」の代表を務める

山角 直史さん

東京都在住 28歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter