さがみはら南区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

相模の大凧センター 展示大凧 初の修復 密を避け和紙を張替え

文化

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
展示室の天井いっぱいを占める現在の大凧
展示室の天井いっぱいを占める現在の大凧

 区内新戸の相模の大凧センターに展示されている大凧が、センター開設以来、初めて修復されることとなった。相模の大凧文化保存会(川崎勝重会長)が、新型コロナ感染防止対策を徹底して作業にあたる。

 相模の大凧センターは、相模原に伝わる大凧揚げの文化を保存・継承していくことを目的に、2003年に開設された施設。その際、「大凧の迫力をいつでも体験してほしい」との思いから、会場の大きさに合わせた展示用の7間凧(12・1m四方・88畳)が制作された。しかし、開設から17年が経過。竹で作られた枠組みに関しては問題ないものの、貼られた和紙の破損や劣化が目立つようになった。

 そこで、市が実施する吊り金具の交換工事に合わせ、和紙の張替え修復を行うことを決定。相模の大凧文化保存会が作業を担当することとなった。題字はこれまでと同じく「相模」とし、すでに本村賢太郎市長に揮毫を依頼。作業は9月6日の和紙加工に始まり、次いで題字書き、10月上旬に現在の大凧を下ろして題字の取り外しと枠の清掃、補修などを行う。新たな題字和紙の貼り付けとお披露目は、10月中旬を予定している。

作業は非公開

 新型コロナ対策のため、今回の作業はすべて非公開。作業当日の会場への入場も受け付けず、保存会のメンバーのみで3密を避けながら作業にあたる。川崎会長は「本来であれば市民の皆さんに公開し、色塗りなどにも参加していただきたかったのに残念。ただ修復完了後は観覧できますし、少しでも大凧に興味を持ってもらい、来年5月4日・5日に予定している『相模の大凧まつり』に足を運んでいただければ」と話している。

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

SC相模原 悲願のJ2

SC相模原 悲願のJ2 スポーツ

最終節で昇格争い制す

1月1日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク