さがみはら南区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

SC相模原 J2ライセンスを取得 今季2位以上で昇格

スポーツ

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
ライセンス取得を喜ぶ望月代表(左)と稲本潤一選手、新スタジアムのイメージ=SC相模原提供
ライセンス取得を喜ぶ望月代表(左)と稲本潤一選手、新スタジアムのイメージ=SC相模原提供

 Jリーグの2021シーズンのJ1とJ2の残留・昇格に必要となるクラブライセンスの交付判定の結果が9月28日に公表され、J3に所属する地元サッカークラブ・SC相模原がクラブ初となるJ2ライセンスを取得することが分かった。交付要件の一つ、スタジアムに関する例外規定に基づくものだが、今シーズン2位以上の成績を残せばJ2に昇格できる。

 クラブライセンスは、財政状況やホームスタジアムの整備要件などをシーズンごとに判定し交付する制度で、ライセンスがあればシーズンの成績次第でJ1やJ2に昇格、または残留できる。Jリーグはホームスタジアムの整備要件として、「アクセスが優れている」「すべての観客席が屋根で覆われている」など4項目を要件としている。

 SCのホームスタジアムである相模原ギオンスタジアムはこの要件を満たしていないが、今回は「4要件を満たしたスタジアムを将来的に整備することを約束し、昇格後5年以内に完成する」という例外規定に基づいて承認された。これまで昇格順位の成績を残したにも関わらず、スタジアムの整備要件を満たしていないために昇格ができなかったクラブが続いたため、2018年に現行のスタジアム基準を改定し、今回のような例外規定が設けられた。

新スタジアム整備を要望

 相模原市をホームタウンとする4チーム(SC相模原、ノジマ相模原ライズ、三菱重工相模原ダイナボアーズ、ノジマステラ神奈川相模原)は昨年8月、相模原駅北口にある相模総合補給廠の一部返還地を候補地に、スタジアムが核となったまちづくりのビジョン策定などを検討する官民連携協議会を立ち上げた。11月には多機能複合型スタジアムの整備を要望する署名活動を開始するなど、新たなスタジアムの誕生に道筋をつけた。

 ライセンスの取得により、SCは今季2位以上になれば、J2に昇格する。今シーズンのJ3は18チームで争われ、すでに半数の試合を消化。SCは10月5日時点で、勝ち点32の6位につけている。同クラブの望月重良代表は「すべての人の協力によって、大きな一歩を踏み出すことができた。クラブ一丸となってJ2昇格という目標にチャレンジしていく」とコメントしている。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

地域で取り組む「介護予防」

地域で取り組む「介護予防」 社会

住民主体で冊子を作成

12月3日号

昨年同時期と比べ31人増

市内自殺者

昨年同時期と比べ31人増 社会

減少傾向から一転

12月3日号

立民が長友県議擁立へ

次期衆院選県第14区

立民が長友県議擁立へ 政治

 選定難航も目途

11月26日号

コロナ対策に22億円

相模原市12月補正予算案

コロナ対策に22億円 政治

経済活性化など4つの柱

11月26日号

相模原をバスケの聖地へ

1月発足プロセス

相模原をバスケの聖地へ スポーツ

トップリーグ参入めざす

11月19日号

全国花のまちコンで入選

南大野自治会

全国花のまちコンで入選 社会

県内で唯一の受賞

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市の魅力を再発見・新発見

市の魅力を再発見・新発見

シンポジウム参加者募集

1月15日~1月15日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク