さがみはら南区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

次期衆院選県第14区 立民が長友県議擁立へ  選定難航も目途

政治

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
候補予定者となる公算が大きい長友氏
候補予定者となる公算が大きい長友氏

 次期衆議院議員総選挙の神奈川県第14区の候補者について、立憲民主党はこのほど、市内緑区選出の県議会議員・長友克洋氏を擁立する方針を固めたことが関係者らへの取材でわかった。近く党本部が発表する見通しだ。            (11月23日起稿)

 次期衆院選神奈川県第14区の候補者をめぐる野党系候補としては、希望の党所属だった現相模原市長の本村賢太郎氏が2019年の統一地方選で市長に当選後、後継者が決まらずに空白となっていた。そうした中、今年に入って旧国民民主党の長友氏と、立憲に所属する中央区選出の県議・寺崎雄介氏が共に国政進出を表明。それぞれの党で衆院選神奈川県第14区総支部の支部長を務めるなど活動を続けていた。

 ところが8月、国民が立憲へ事実上合流する形で新党結成を決定。それに伴い衆院選候補予定者として両氏が名を連ねたことから、一本化に向けた選定が難航した。9月に行われた新立憲の県連総会では、候補予定者として両氏共に登壇するなど物議を醸した。

 その中で、党本部は独自調査の結果なども含め総合的に判断した上で、平野博文選対委員長との面談を経て長友氏に一本化する方針を固めたとみられる。関係者によると、11月24日に行われる党の会合で正式発表される見通し。

 長友氏は1970年、相模原市生まれの49歳。元代議士の藤井裕久氏の秘書を約9年間務めた後、99年に28歳で相模原市議に当選。2期務めた後、県議に当選し、現在4期目。今回の候補者選定をめぐる経緯について長友氏は23日の本紙取材に対し、「引き続き国政へ向けた活動を続けていきたい」と話した。

 一方、寺崎氏は一連の候補者擁立に関する既報をおおむね認めており、今後の動向について関係者によると、支援者に対して県議会での活動に努めていく方針を伝えている、としている。

 14区では自民党の赤間二郎氏が、12年から続けて議席を獲得している。

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

SC相模原 悲願のJ2

SC相模原 悲願のJ2 スポーツ

最終節で昇格争い制す

1月1日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク