さがみはら南区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

競泳 小堀倭加さん 「代表の自覚」胸に 五輪へ 本村市長へ決意語る

スポーツ

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
本村市長へ代表決定を報告する小堀さん。この日は「称賛の楯」の贈呈も=4月27日
本村市長へ代表決定を報告する小堀さん。この日は「称賛の楯」の贈呈も=4月27日

 競泳女子自由形の2種目で東京五輪日本代表に決定した緑区西橋本在住の小堀倭加さん(20)=日本大学3年・セントラルスポーツクラブ戸塚=が4月27日、市役所を訪れ、本村賢太郎市長へ成果を報告した。

 小堀さんは奈良県で生まれ、まもなく相模原へ移り住んだ。相模原みどり幼稚園時代、カリキュラムとして地元スイミングクラブの相模原ドルフィンクラブで行われた水泳教室が楽しく、橋本小学校へ入学すると同時に同クラブへ入会した。小学4年春にJOC全国ジュニアオリンピックカップに初出場(大会自体は東日本大震災の影響で中止)。旭中学1年時には200m背泳ぎで同大会を3位、2年時には全国中学校大会2位と、当時は背泳ぎを主軸にその才能を開花させた。

 中学3年の時に記録が伸び悩み、壁にぶつかった。「水泳に向き合う気持ちが変わった」とターニングポイントにあげるのは、さらなる高みをめざして選んだ強豪・湘南工科大学附属高校への進学。そこで恩師の三好智弘監督に勧められ自由形に転向すると、持ち前の持久力を生かして中長距離で一気に日本のトップクラスに躍り出た。

 パンパシフィックやアジア大会などの国際舞台でも躍動し着々と力をつける中で見据えてきたのは東京五輪だ。その代表選考を兼ね今年4月に東京で行われた日本選手権で400mを優勝。800mで2位に入り、派遣標準記録も突破して念願の代表切符をつかんだ。

 東京五輪代表は出身など市にゆかりがある選手では小堀さんが7人目。市内在住は飛込みの坂井丞選手に続き2人目。

決勝で日本記録を

 27日に市を訪問した小堀さんは、「日本代表、相模原代表として自覚を持って、オリンピックの舞台で自分のレースができたら」と本番への決意を述べ、「まだまだ今の記録では世界とは戦えない。決勝で日本新記録を出すことをめざして頑張りたい」と言葉に力を込めた。本村市長は「五輪で結果を出せるように頑張って」と激励した。

 訪問後、小堀さんは「2種目で決勝へ。800mではそこで日本記録を」と改めて意気込みを語った。さまざまな意見が飛び交っている五輪開催については、「実施するしないはそこまで考えていない。開催されることを想定し、本番でしっかり力を出せるように練習している」と話した。

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

田んぼで田植え体験

新磯小児童

田んぼで田植え体験 教育

感染対策し2年振り実施

6月10日号

「描(か)くことは生きること」

「描(か)くことは生きること」 文化

現代美術家・上條陽子さん

6月10日号

来年度の新入園児見学会

相模すぎのこ幼稚園

来年度の新入園児見学会 教育

説明会も実施

6月10日号

自作の小麦で「うどん」を

自作の小麦で「うどん」を 社会

我ら「平成農業委員会」

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

旬な「鮎」を一夜干しに

旬な「鮎」を一夜干しに 経済

1100円(税込) 城山商工会

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter