さがみはら南区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

東京パラリンピック 市内から4人出場 24日開幕 応援企画も

スポーツ

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena
東京パラリンピックに出場する(上・左から)中澤監督、田中コーチ、佐藤選手=©JBFA、(下・左から)道下選手、伴走者の青山さん
東京パラリンピックに出場する(上・左から)中澤監督、田中コーチ、佐藤選手=©JBFA、(下・左から)道下選手、伴走者の青山さん

  57年ぶりの自国開催となった五輪が盛り上がりを見せた後、そのバトンを受け継ぐ形で東京2020パラリンピックが8月24日(火)に開幕し、市内からは4人が出場する。市民一丸となって応援するため、市はさまざまな企画を展開。市にゆかりのある出場者を力強く後押しするとともに、パラリンピック全体を盛り上げていきたい考えだ。

 今回出場するのは、車いすテニスの中澤吉裕監督(50)=南区在住、パラ卓球(肢体不自由者)の田中卓也コーチ(49)=緑区在住、5人制サッカー(ブラインドサッカー)に出場する佐藤大介選手(37)=南区在住、陸上競技・女子マラソンの世界記録保持者の道下美里選手の伴走者を務める青山由佳さん(35)=南区在住。

 中澤監督は2002年から日本代表チームの育成に関わり、パラリンピックでは12年ロンドン大会で女子チームコーチとクァード(男女混合)チームコーチを兼任。16年のリオデジャネイロ大会では代表チームの監督を務め、男子ダブルスを3位に導いている。

 田中コーチは約20年前からパラ卓球で指導に当たり、3年前からパラリンピック代表コーチとなり、世界選手権などにも帯同している。

 佐藤選手は東京多摩地域を中心に活動するブラインドサッカーチームの「たまハッサーズ」に所属。試合には健常者または弱視者が務めるゴールキーパーとして出場する。出場予定期間(予選〜決勝)は8月29日(日)から9月4日(土)まで。今大会が初出場となる。

 道下選手の伴走者(競技パートナー)を務め、市職員でもある青山由佳さんは今大会が2度目の出場。リオ大会では銀メダルを獲得するなど活躍した。今大会はさらに上のメダルをめざし、強い決意で臨む。出場予定日は9月5日(日)。

 開幕を前に、中澤監督は本紙の取材に対し、「コロナに大きな影響を受けたことは事実だが、今まで準備してきたことの全てを選手・スタッフ一丸で出せるように努め、選手たちが最大限のパフォーマンスを発揮できるような環境を整えたい。市民の皆さんの熱い思いを乗せた応援をお願いします」とメッセージを寄せた。

選手情報の公開横断幕の掲示も

 市もゆかりの出場者を全力で応援しようと、企画を展開する。市ホームページでは選手の紹介コーナーを掲載。経歴や市民に向けた大会への意気込みに加え、出身小学校・中学校などの児童生徒や本村賢太郎市長からの応援メッセージなどをアップし、選手たちの活躍を後押しする。

 加えて、市役所本庁舎やJR相模原駅南口、橋本駅北口、小田急線相模大野駅北口に横断幕を掲示するほか、ツイッターやLINEなどのSNSで選手が出場する日程、結果などの情報を随時発信していく。担当する市スポーツ推進課の担当者は、「日本で開催されるパラリンピックを機にパラスポーツを知っていただき、実際にテレビ越しで競技を見て選手の応援をしてほしい」と話す。

 市は企画などを通じて、出場する4人に注目してもらうとともに、パラリンピックに関心と魅力を感じてもらいながら、より一層、大会を盛り上げていく。

 東京2020パラリンピック大会は24日に開幕し、9月5日に閉幕を迎える。
 

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

グランドオープン内覧会&相談会

2月4日(金)まで あんしん倶楽部 特別入会キャンペーン開催中

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

パラグライダーで頂点

磯部在住多賀純一さん

パラグライダーで頂点 スポーツ

JHF日本ランク1位に

1月20日号

受賞店舗が決定

相模原お店大賞

受賞店舗が決定 経済

飲食部門大賞に「NOBU」

1月20日号

学生が企画「水族館展」

北里アクアリウムラボ

学生が企画「水族館展」 教育

開設10周年記念の特別展

1月13日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月13日号

「しまるん」で県知事賞

桜台小6年嘉手納杏果さん

「しまるん」で県知事賞 教育

青少年創意くふう展

1月6日号

3回目 「集団」で前倒し

新型コロナワクチン接種

3回目 「集団」で前倒し 社会

希望者の受付期限を延長

1月6日号

「終活」なるほど教室開催中

介護福祉士による「介護施設の選び方」&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月23日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook