さがみはら南区版 掲載号:2022年6月2日号 エリアトップへ

市小学生陸上教室 アスリート育成し30年 コロナ下経て、本格始動

コミュニティスポーツ

掲載号:2022年6月2日号

  • LINE
  • hatena
小学生を熱心に指導する神藤会長(左)
小学生を熱心に指導する神藤会長(左)

 相模原市陸上競技協会の普及部が、陸上競技の基本技術の習得を目的として開いている「相模原市小学生陸上教室」が今年度、発足30周年を迎えた。相模原のアスリートを育ててきた同教室はコロナ下での自粛・制限を経て、コロナ対策を取ったうえで本格的な活動を始めている。

練習会場はギオンス

 90年以上の歴史がある市陸上競技協会(神藤(しんどう)昭嘉会長)普及部が主催し、(公財)相模原市スポーツ協会、相模原市教育委員会が共催/後援する同教室。楽しい陸上競技の経験と理解、基礎的な運動能力の向上などを目的として、小学2年生から6年生を対象に陸上競技を教えている。1993年に始まり、今年度30年という節目の年を迎えた。

 神藤会長をはじめ、協会会員や現役の選手、保護者などが短距離走やハードル走、走幅跳といった競技を指導。相模原ギオンスタジアムやギオンフィールドがメインの練習会場になっており、スタジアムを利用して練習できるのが魅力の一つとなっている。

 練習は原則毎週土曜日の午前中に行われている。当初は半年の実施で20回程度の練習日だったが、約13年前から一年を通して行い、年36回ほどの練習日を設けている。

2年間活動制限

 しかし、一昨年から蔓延しだした新型コロナの影響で活動を自粛したり、緊急事態宣言の発出やまん延防止等重点措置が講じられるたびに人数を少なくするなど活動は制限されていた。その影響もあり、一時は250人以上いた児童が現在はおよそ100人まで減ってしまった。神藤会長によると競技人口の減少や子どもたちに限らず運動不足による健康被害を危惧しているという。

 そこで、同教室では分散指導など新型コロナ対策を徹底した上で、今年度は通常通りの教室を実施している。神藤会長は「教室を開いてほしいという保護者の声が大きく応えたかった」と話し、陸上に取り組む児童を募集している。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

甲子園行きに貢献

鉾丸蒼太選手(横浜高校)

甲子園行きに貢献 スポーツ

俊足、巧打持ち味活かす

8月11日号

制服回収箱を庁舎に設置

制服回収箱を庁舎に設置 社会

想定査定額を市へ寄付

8月11日号

「晴れの日」をプレゼント

「晴れの日」をプレゼント 文化

市民団体が応援撮影会

8月11日号

「見えない障害」に理解を

高次脳機能障害

「見えない障害」に理解を 社会

当事者ら協力、冊子制作

8月4日号

3年ぶりに再始動

東林間阿波踊り

3年ぶりに再始動 文化

配信動画による視聴のみ

8月4日号

「おださがRC」が発足

「おださがRC」が発足 経済

正式認証は8月中旬頃

7月28日号

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook