神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

「野球嫌いだった」 工藤氏講演に1200人

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
登壇する工藤氏
登壇する工藤氏

 プロ野球元福岡ソフトバンクホークスの監督、工藤公康氏が2月1日、相模女子大学グリーンホールで講演を行い、自分を信じて努力することの大切さを訴えた。

 公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会4支部(相模南、相模北、県央東、県央支部)が合同で主催。会場にはおよそ1200人が集まった。

 実働29年プロ野球選手としてマウンドに立ち、7年間ソフトバンクの監督を務めた工藤氏が登壇。「わたしの野球人生―未来をひらく勇気―」をテーマに講演した。

 父親の練習相手として「強制的に」野球を始めたという工藤氏は「野球が嫌いだった」と明かす。「野球にかける時間を短くしたくて、早く上手くなろうとしていた」と、野球雑誌に掲載される投手の投球フォームの分解写真を見ながら腕の使い方を研究していたという。

 またプロ選手時代、成績不振でアメリカへ野球留学したこともあった。1A(マイナーリーグ)の選手が「クビ」になったときも『俺には能力がある』と野球をあきらめない姿勢に衝撃を受けたことを回想。工藤氏は「当時の自分は人と比べ、練習にも不満をもつ選手だった。人のせいにせず、いま与えられた練習を一生懸命取り組むようになった」と、留学での気づきを話した。工藤氏は「才能があっても努力をしなければ得るものはない。自分で考え、導き出した答えに一歩を踏み出す勇気が大切」と語ると、来場者は深くうなずいた。

 相模南支部の松元定示支部長は「こうした集合形式の講演は6年ぶり。今日のお話が、皆様のこれからの人生の一助となれば」と語った。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

おすすめの物件とは

猫好き社長に聞く

おすすめの物件とは

2月22日

猫柄茶を楽しむ

猫柄茶を楽しむ

若松で

2月22日

3階級制覇へ「順調」

中谷選手

3階級制覇へ「順調」

24日に世界タイトルマッチ

2月22日

輪島市に30万円の義援金

輪島市に30万円の義援金

相模原法人会

2月22日

運動でモンスター育成

無作為抽出区民の討議会

あっとほーむデスク

  • 4月6日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook