さがみはら緑区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

映画「MAZE(マゼ)」上映 2月21日(金) 相模原市後援

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena
来場をPRする尾作さん(左)と小池さん
来場をPRする尾作さん(左)と小池さん

 「相模原は映画のまち」実行委員会が主催して2月21日(金)、あじさい会館(富士見)で市民上映会を開催する。相模原市後援。

 同団体は市民に映画の楽しみ、面白さを知ってもらおうと、市内に本社を構える映画会社「リトルバード」(小池和洋代表取締役)の呼びかけで昨年10月に発足。賛同した民間企業らも加わり活動を行っている。リトルバードでは、これまで市内をロケ地とした映画制作などで映画普及を推進してきた。あじさい会館を会場に市民向けに企画した自主上映会では、同社が制作した4本の劇場映画をはじめ、市内にゆかりのあるものや選りすぐりの作品を上映。ファン獲得に向け、定期的に会を開いている。

 上映されるのは蟹江敬三さんの初主演映画で、2005年に公開された作品「MAZEマゼ〜南風〜」。事故で両親を失い、心に傷を負った少年(大沼健太郎)と無骨な漁師の祖父(蟹江敬三)が繰り広げるヒューマンドラマ。淵野辺在住の映画編集者・金子尚樹さんら市内にゆかりのあるスタッフが制作に携わっている。

作品について、実行委員会の小池和洋さんは「この映画は、『海は怖くない』がメッセージ。震災を経て、改めてこのメッセージに込められた意味を受け止めてもらえたら」と話している。

 当日は金子さんのほか、監督の岡田主さん、プロデューサーの高橋利雄さんに加え、俳優の仁科亜季子さんも来場し、上映後にトークショーを開催。映画の裏話などが披露される。

 入場料は600円(一部は子宮頸がん撲滅募金として市に寄附予定)。上映開始は午後6時30分(6時開場)。希望者は直接会場へ。上映会の問合せはリトルバード【FAX】042・773・0974または【メール】kazuhiro.k@movie-littlebird.co.jp

市制60周年映画制作も

 市制60周年を迎える今年は、市内ロケを含む記念映画の制作も検討されている。そのためにも、同団体では仁科さんが来場する今回は試金石としており、上映会の普及に向けて今年度中に10回目の開催にこぎつけたい考え。集客増で、今後の弾みにしていくという。

 発足から会に関わる尾作晃さんは「市内には文化的要素がたくさんある。がんばれ相模原ではないが、映画を通じてエールを送り、文化を育みたい」と展望を示した。小池さんは「地元から映画ファンを増やし、制作しやすい土壌を築きたい」と意気込みを見せた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

協同病院に約3700万円

協同病院に約3700万円 社会

地元有志がクラファン実施

2月25日号

高齢者施設は訪問接種に

コロナワクチン

高齢者施設は訪問接種に 社会

クラスター防止で対策

2月25日号

東京五輪へ 弾みの3冠

東京五輪へ 弾みの3冠 スポーツ

競泳・小堀さん 優勝を報告

2月25日号

名称・森ラボに決定

名称・森ラボに決定 経済

藤野テレワークセンター

2月25日号

新スタジアム 要望書提出

HT4チーム

新スタジアム 要望書提出 スポーツ

10万4千超の署名集まる

2月25日号

「初めてのJ2、楽しみたい」

2021開幕、三浦文丈監督インタビュー

「初めてのJ2、楽しみたい」 スポーツ

目標は勝ち点50

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク