さがみはら緑区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート 「呼吸器疾患に対して地域連携を」 がん診療連携拠点病院として、院内連携でスムーズな治療も

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
呼吸器内科診療部長・山本倫子医師
呼吸器内科診療部長・山本倫子医師

 「相模原協同病院」(相模原市緑区橋本2の8の18、高野靖悟病院長)は、県北・多摩エリアの総合病院として、長年にわたり地域中核病院の役割を担ってきた。

 その同院の呼吸器内科診療部長に、10月から山本倫子医師が就任した。山本医師は15年にわたり呼吸器内科医として臨床に従事し、2012年から同院に勤務する。「全国的に呼吸器内科医が不足している中、当院では4名の医師が診療にあたり恵まれた環境にあると感じています」と話す。

 同科では、肺がん、肺炎、肺気腫・慢性気管支炎などの慢性閉塞性肺疾患、アレルギーに関わる2次性呼吸器疾患、睡眠時無呼吸症候群などの診療にあたる他、慢性呼吸不全における在宅酸素療法、禁煙外来における禁煙教育指導なども行っている。また、がん診療連携拠点病院の呼吸器内科として、化学療法を中心としたがん治療にあたり、他科との連携を密に、他の治療法を組み合わせたスムーズな治療を行うことができるのも同科の特長だという。

 今後は、周囲の呼吸器内科医不足を鑑み「入院が必要な場合は当院に相談して頂き、病状が安定している場合は開業医に通院して頂くといった地域連携も考えられそうだ」と話し、現在、北里大学病院と共に、他の市中病院や街の病院と連携をとれるシステムを模索中だ。「実現すればより地域医療支援病院として当院の果たせる役割も大きくなるのでは」と話している。

相模原協同病院

相模原市緑区橋本2丁目8番18号

TEL:042-772-4291

http://www.sagamiharahp.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

1日1時間入浴でどう変わるか

参加者募集

1日1時間入浴でどう変わるか

「難しい不調、悩みほど歓迎」

10月22日号

国・県・市の行政相談所

国・県・市の行政相談所

11月18日、ユニコムプラザで

10月22日号

人気のパンジー等95円〜

秋冬彩る丈夫な「花苗」販売開始

人気のパンジー等95円〜

10月22日号

秋のパンジー狩り

11月3日まで

秋のパンジー狩り

よりどり28個で2千円(税別)

10月22日号

選ばれる日本土産とは

知ってる?緑区のスゴイ企業

選ばれる日本土産とは

特殊アクリル板企画の和小物

10月22日号

スタッドレスタイヤ 予約受付中

スタッドレスタイヤ 予約受付中

タイヤ館城山

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク