さがみはら緑区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

衆院選 14、16区の動向 各陣営、臨戦態勢へ

政治

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 11月21日に解散した衆議院は、12月14日(日)の投開票に向けて、事実上の選挙戦に突入した。解散から公示まで、限られた時間の中での短期決戦。争点がわかりにくいとも言われる中で、各陣営がどう政策を訴えるのかにも焦点が集まる。

 緑区の選挙区となるのは、神奈川14区(相模原市中央区、緑区・南区の一部)と、16区(相模原市緑区・南区の一部、厚木市・伊勢原市・愛甲郡)。

 14区では、4人が出馬に意欲を示している。16区では3人が出馬の意向。各陣営とも12月2日の公示に向け準備を進めている。(11月24日現在、当社調べ)

神奈川14区

 自民党の前職、赤間二郎氏(46)はアベノミクスの継続、隅々までの景気回復実感、市が抱えるビッグプロジェクトの後押しを訴える。

 民主党の元職、本村賢太郎氏(44)は、現政権の安全保障や経済手法に異を唱え、議員定数、歳費削減、社会保障の充実等を訴える。

 次世代の党の元職、中本太衛氏(49)は、先送りが論議されている消費税の、システムそのものの公平・公正な是正が必要と訴える。

 共産党の新人、中野渡旬氏(66)は、集団的自衛権・消費税増税NO、原発再稼働ゼロ、再生エネルギー中心の政策等を訴える。

神奈川16区

 自民党前職の義家弘介氏(43)は、景気回復による地元への波及や新東名・国道246号バイパス等、交通インフラ推進等を掲げる。

 民主党前職の後藤祐一氏(45)は、重点施策として、議員定数の削減や行政改革による無駄全廃、結婚できる社会の実現などを訴える。

 共産党新人の池田博英氏(52)は、消費税10%への増税中止や格差拡大のアベノミクスストップ、雇用のルールづくりなどを目指す。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

勝負の5カ月「楽しみたい」

勝負の5カ月「楽しみたい」 スポーツ

水泳 小堀さんが優勝報告

12月5日号

「復興へスピード感が大切」

「復興へスピード感が大切」 社会

11キャンプ場経営者

12月5日号

神奈川フィルら聴衆魅了

神奈川フィルら聴衆魅了 文化

レクサスコンサート盛況

12月5日号

オーケストラがやって来た

オーケストラがやって来た 教育

中沢中で367人が鑑賞

12月5日号

「復興に」市へ発電機寄贈

「復興に」市へ発電機寄贈 社会

LPガス協会 相模原支部

12月5日号

恒例マツボー抽選会

恒例マツボー抽選会 経済

15日 相原二本松商店街

12月5日号

「城山の福祉に」社協へ寄付

「城山の福祉に」社協へ寄付 社会

ゴルフ会と経済同友会

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク