さがみはら緑区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

市と病院の対応「不十分」 検証チーム 中間報告書

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

 津久井やまゆり園で起きた元職員による殺傷事件について、国が設置した事件の検証と再発防止を検討するチームが14日、第1回から4回までの議論を踏まえた中間報告を発表した。報告書の中では、容疑者である元職員の措置入院先であった北里大学東病院と相模原市の対応や、両者の連携が不十分であったことなどを事件の背景とした。

 検証チームは刑法、医事法を専門とする山本輝之成城大学法学部教授が座長を務め、知的障害者の権利擁護活動に取り組む「全国手をつなぐ育成会連合会」の田中正博統括など9人の専門家で構成。8月以降に開催された4回の意見交換会をまとめ、中間報告とした。

 報告書の中では、薬物性の精神障害が疑われる容疑者の措置入院先となった同病院について、薬物使用に関する精神障害への十分な知見を有する医師がおらず、薬物の再使用防止策が十分に講じられなかったことが入院期間の短縮などに繋がったと指摘。加えて、退院に必要な書類を市に提出する際、退院後の相談支援をする上で必要となる医療支援の情報などが十分に記載されていなかった点にも指摘がなされた。

 一方、退院後の容疑者に対する相談支援を行うことが求められる市の対応については、容疑者が退院後、八王子市で生活することを理由に同院から受け取った書類の内容を精査せず、必要な医療支援の検討を行わなかったことが不十分であったとした。

 ただ検討チームでは、これらの背景には前提となる法整備が不十分である現状があるとし、今後、法整備への提言を含めて議論を重ね、今秋までに報告書をまとめていく考えだ。
 

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

サッカーJ2・SC相模原 愛媛FCに逆転勝利

サッカーWEリーグ・ノジマステラ神奈川相模原 新潟に逆転負け

中野中生徒の作品も

中野中生徒の作品も 経済

津久井湖イルミネーション

11月25日号

「さがスパ」の売上を寄付

「さがスパ」の売上を寄付 社会

新型コロナ対策支援に

11月25日号

サン・エールでジャズコン

サン・エールでジャズコン 文化

入場無料 11月28日

11月25日号

全国大会で初優勝

卓球相模原ジュニア

全国大会で初優勝 スポーツ

児童3選手が市長表敬

11月18日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook