さがみはら緑区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

藤野芸術の家 運営に2団体が名乗り 3月には決定予定

社会

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
県立藤野芸術の家=1月21日撮影
県立藤野芸術の家=1月21日撮影

 現在、指定管理者制度により運営されている「神奈川県立藤野芸術の家」(牧野4819/以下、芸術の家)の施設が2018年4月から民間事業者に無償貸与され、運営が移譲される。昨年募集を行ったその貸付先事業者には、緑区内の2団体が名乗りを挙げている。

 芸術の家は1995年10月に、県の施設としてオープン。「ふれあい、体感、創造」をテーマに、陶芸や木工、ガラス工芸などの芸術体験ができる工房や音楽や劇などの練習・公演ができるスタジオと定員300人のホール、会議室などを備えた芸術棟と、家族・団体などで利用できる宿泊室やレストランなどが入る宿泊棟、キャンプ施設が備わった芸術活動体験施設として活用されてきた。

 鉄筋コンクリート一部鉄骨造の5階建で、敷地面積は2万7325・34平方メートル、延床面積は5421・63平方メートル。2015年度の利用者数は延べ約10万3千人。施設内に本部を置く一般社団法人かながわ青少年協会(玉井清一代表理事)が2011年度から指定管理者となっており、17年度末まで運営を担うことが決まっている。

地域振興などへの寄与図り

 このほど、県が緊急財政対策として所有施設の見直しを行う中で、芸術の家の民間事業者への移譲を検討。地域・文化芸術・観光振興に寄与する施設として有効活用を図るため、昨年10月末から12月16日まで、県内に事務所を有する法人・団体・グループからの貸与希望を募っていた。

 貸付期間は18年4月1日から28年3月31日までの10年間。土地・建物・物品など施設全般が無償で貸与される。

選定委員会が評価

 12月に募集を締め切ったところ、現在指定管理者として運営を行っている「一般社団法人かながわ青少年協会」と、緑区小渕の「藤野商工会」(野崎保巳会長)の2者が名乗りを挙げる結果となった。

 今後は、芸術文化・施設運営・地域振興など各分野の外部有識者ら5人で構成される選定委員会が、書類や面接により、応募者の理念や施設管理運営に対する取組内容、収支計画などの選定基準に基づいて評価(採点)。その結果をふまえて、県が貸付先事業者を決める。県は、選定委員会を2月に開催し、3月には貸付先事業者の1位候補を決定する予定としている。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

「景観形成重点地区」に指定

市役所前さくら通り

「景観形成重点地区」に指定 社会

来街者が集う憩いの場へ

5月27日号

若手の発想で課題解決

相模原市

若手の発想で課題解決 社会

中山間地域の可能性模索

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter