さがみはら緑区版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

藤野芸術の家 運営に2団体が名乗り 3月には決定予定

社会

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
県立藤野芸術の家=1月21日撮影
県立藤野芸術の家=1月21日撮影

 現在、指定管理者制度により運営されている「神奈川県立藤野芸術の家」(牧野4819/以下、芸術の家)の施設が2018年4月から民間事業者に無償貸与され、運営が移譲される。昨年募集を行ったその貸付先事業者には、緑区内の2団体が名乗りを挙げている。

 芸術の家は1995年10月に、県の施設としてオープン。「ふれあい、体感、創造」をテーマに、陶芸や木工、ガラス工芸などの芸術体験ができる工房や音楽や劇などの練習・公演ができるスタジオと定員300人のホール、会議室などを備えた芸術棟と、家族・団体などで利用できる宿泊室やレストランなどが入る宿泊棟、キャンプ施設が備わった芸術活動体験施設として活用されてきた。

 鉄筋コンクリート一部鉄骨造の5階建で、敷地面積は2万7325・34平方メートル、延床面積は5421・63平方メートル。2015年度の利用者数は延べ約10万3千人。施設内に本部を置く一般社団法人かながわ青少年協会(玉井清一代表理事)が2011年度から指定管理者となっており、17年度末まで運営を担うことが決まっている。

地域振興などへの寄与図り

 このほど、県が緊急財政対策として所有施設の見直しを行う中で、芸術の家の民間事業者への移譲を検討。地域・文化芸術・観光振興に寄与する施設として有効活用を図るため、昨年10月末から12月16日まで、県内に事務所を有する法人・団体・グループからの貸与希望を募っていた。

 貸付期間は18年4月1日から28年3月31日までの10年間。土地・建物・物品など施設全般が無償で貸与される。

選定委員会が評価

 12月に募集を締め切ったところ、現在指定管理者として運営を行っている「一般社団法人かながわ青少年協会」と、緑区小渕の「藤野商工会」(野崎保巳会長)の2者が名乗りを挙げる結果となった。

 今後は、芸術文化・施設運営・地域振興など各分野の外部有識者ら5人で構成される選定委員会が、書類や面接により、応募者の理念や施設管理運営に対する取組内容、収支計画などの選定基準に基づいて評価(採点)。その結果をふまえて、県が貸付先事業者を決める。県は、選定委員会を2月に開催し、3月には貸付先事業者の1位候補を決定する予定としている。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

コロナを灯で吹き飛ばす

津久井湖城山公園

コロナを灯で吹き飛ばす 文化

4万5千球が神秘的に

10月29日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月29日号

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク