さがみはら緑区版 掲載号:2017年7月20日号 エリアトップへ

渕野辺総合病院の病院長で、このほど相模原市病院協会の会長に就任した 土屋 敦さん 町田市在住 62歳

掲載号:2017年7月20日号

  • LINE
  • hatena

病病連携で地域医療推進

 ○…「2025年問題」という言葉も生まれるほど、未だかつてない超高齢化社会を迎える日本。国の地域医療構想が策定され、地域での病床の機能分化や連携などが求められる中、病院がその推進力の一つになるべきと考える。高齢者増に伴い変化する医療環境。「地域のニーズは大きく変わってきている。それにどう応えていくか。病院同士が連携して地域医療を推進していくべき」。会長として心血を注ぐ構えだ。

 〇…約60年前、淵野辺の閑散とした桑畑の地に、父親が木造2階建ての有床診療所を建設。これが現在の渕野辺総合病院の前身となる。自身も医学の道に進むと覚悟を決め、北里大学医学部に進学。卒業後は同大に勤めながら横浜や都内の病院に出向、その後渕野辺総合病院の副院長に就任すると、父親が築いた基盤を踏襲しつつ時代に即した施策を進めてきた。現在は、相模原と横浜で保健・医療・福祉を展開する「医療法人社団相和会」の理事長兼、渕野辺総合病院の病院長を務めている。

 〇…医療法人理事長としての管理業務、協会会長としての推進活動など多忙な日々を送る中、「地域医療ファースト」を掲げ、今も自ら在宅医療現場で診療を行う。「現場を診ないで施策云々は言えないので」。そんな中での束の間の息抜きは、夫人との山歩き。山梨や長野など遠方にも出向く。自然を感じること、外で新鮮な空気を吸うこと、何より、夫人と一つの時間を共有することが好きだ。

 〇…2040年まで高齢化が進むと言われる中、医療人材の確保・育成は喫緊の課題。診療科が多くなり専門性が高くなった一方、幅広い診療能力を備えた総合診療医の育成や、「二次救急医療」の充実した体制づくりにも尽力すべきと意を決する。市民病院が無い中で各病院や行政、関連団体が協力体制を取り、「地域で穴のない体制を築いていきたい」。長としてその舵取りを担っていく。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

原 和彦さん

相模原市消防団長に就任した

原 和彦さん

中央区東淵野辺在住 60歳

5月14日号

小泉 香央里さん

東京シティ・バレエ団に所属し、バレエダンサーとして活躍が期待される

小泉 香央里さん

橋本台在住 21歳

5月8日号

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク