さがみはら緑区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

国際ロータリー第2780地区ガバナーに就任した 大谷 新一郎さん 南区鵜野森在住 68歳

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena

変化を恐れず、前進

 ○…横浜、川崎を除く神奈川県内のロータリークラブ(RC)が所属する国際ロータリー第2780地区。今年新たに相模原ニューシティRCを迎え、66クラブおよそ2400人となった地区会員を1年間率いていく重責を担う。ガバナー就任にあたり、アメリカ・サンディエゴに研修のため1週間滞在。各国の会員から刺激を受けた。「世界規模の奉仕団体であることを再認識した。先輩からの教えを大切にしながら、職責を果たしていきたい」

 ○…石油製品を販売する「株式会社三友」を父親が創立した。自身は他業種を経験した後に、父の誘いもあり36歳で入社。同時に社長に就いた。翌年、相模原南RCに入会。「まずは自分の街から良くしていきたい」。そんな奉仕の思いからだった。そのルーツは、早稲田大学時代に所属した公認サークル「思惟の森の会」。岩手県田野畑村を年3回訪れ、約1カ月間、山での育林作業に従事し、地域交流などを楽しんだ。「当時の移動手段は夜行列車。大変だったけど、誰かの役に立てるのは嬉しかった」と苦笑しながらも懐かしむ。 

 ○…長男、長女は結婚し家を出ているが、テラスでのバーベキューには全員が集まるなど、家族のつながりは強い。同居する次男はソムリエの資格を持ち、自宅のリビングにはワインセラーも。「息子の能書きを聞きながら、ワインを飲むこと」が毎晩の楽しみだ。10年以上スポーツジムに通っているが、多忙になり最近では週1日が精一杯。それでも「意地でも正会員でいようと思って」と笑う。

 ○…地区ガバナーとして会員の増強が最重点の目標。特に女性と若者に熱視線を送る。さらにはポリオ撲滅、認知度の向上なども見据える。9月には相模大野で地区大会を開催。準備に追われながらも目線は高い。「会員の増強というよりも、仲間や同じ気持ちを持つ人を増やしていくこと。自分にとっては人とのつながりが財産ですから」

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

原 和彦さん

相模原市消防団長に就任した

原 和彦さん

中央区東淵野辺在住 60歳

5月14日号

小泉 香央里さん

東京シティ・バレエ団に所属し、バレエダンサーとして活躍が期待される

小泉 香央里さん

橋本台在住 21歳

5月8日号

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク