さがみはら緑区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

養護学校で宿泊訓練 地域住民も協力

社会

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena
段ボールで“部屋”を作る=22日
段ボールで“部屋”を作る=22日

 県立津久井養護学校(若柳)で9月22日・23日、学校に一晩宿泊する実践的な防災訓練が実施された。

 大災害発生後の避難所での生活体験を通じ、自助・共助の精神を高めることなどを目的に、神奈川県が今年度初めて取組んでいる事業。県内の公立校に意向を確認し、初年度は試験的に7校が実施の運びとなった。

 敷地周辺が土砂災害警戒区域に指定されている同校は、災害時に道路が寸断されるなどして孤立する恐れがあり、有事には校内で救助を待つことも想定される。塚田久美校長は「一度は子どもにこういう経験をしてもらい、また互いの命を守ることを考える機会にしてほしい」とねらいを話す。

 訓練には同校の高等部1、2年の約20人と職員が参加。地震発生の合図に身を低くし、教室から体育館へ移動。段ボールで仕切りを作り、マットと毛布を備えた。生徒が段取りよく真剣に取組んだ結果、速やかに避難所が完成。夜になると非常食や暗闇での行動を体験し一夜を過ごした。

 今回は近隣住民も訓練に参加。奥畑自治会の鈴木克枝会長は「いざという時はここに避難することも考えられる。せっかく地域に学校があるのだから互いに連携していければ」と話した。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

日赤に清浄機と寄付金

日赤に清浄機と寄付金 経済

津久井中央・橋本RC

1月14日号

アリオに神社が出現

アリオに神社が出現 文化

2月15日まで 照天神社

1月14日号

看護の復職相談会

看護の復職相談会 社会

2月7日 市病院協会主催

1月14日号

SC相模原、後援会が発足

SC相模原、後援会が発足 スポーツ

会長に本村市長

1月14日号

市へ3台の発電機寄贈

市へ3台の発電機寄贈 社会

LPガス協 「防災力向上に」

1月7日号

官民連携で達成めざす

特別座談会続き(第2回)

官民連携で達成めざす 社会

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク