さがみはら緑区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

児童が考案「相模原の駅弁」 旭小学校の総合学習で

教育

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena
弁当を試食する児童=17日
弁当を試食する児童=17日

 旭小学校(橋本/二宮昭夫校長)6年1組の児童が開発したオリジナル駅弁の試食会が2月17日、同組の教室で行われた。

 自分たちが暮らす橋本のまちの魅力を探ろうと、「ふるさと!橋本」をテーマに同校の6年生3クラスが取組んでいる総合学習の一環。

 今回、1組はリニア中央新幹線の新駅設置を見越して、相模原初の駅弁づくりに挑戦。構想に賛同した相模原青年会議所に所属する弁当・惣菜製造販売「(有)天神屋」(南区)らの協力のもと、昨秋から全国の有名駅弁や相模原の特産品などを調べ、素材やデザイン、コストなどを検討しながら開発に取組んできた。

 試行錯誤を重ね完成したのは、豚の生姜焼きが白米を覆い、玉子焼き、ヒジキの煮つけ、野菜の煮物などで彩られた「橋本弁当トントン」。玉子や大豆、米などに地産の食材を取り入れ豚肉は香福豚を活用した。

 試作品は1月にできあがったが、児童らが実際に試食をするのはこの日が初めて。楊運誠(よううんせい)くんは、「最初は想像だけで実現するとは思わなかった。こうして食べることができてびっくり。生姜焼きがおいしい」と弁当をもぐもぐと平らげた。

 この弁当は3月3日(土)に、橋本公民館まつりの中で、1千円(税別)で限定販売される予定。

 なお、「お土産開発」に取組み、高尾屋本店(元橋本町)と協力して橋本の四季をイメージした和菓子を製作した3組も、この日に完成品を試食した。また2組は、リニア駅となる橋本の「駅前広場デザイン」について考察。3月5日に3クラス合同で行う「橋本まちづくり会議」の中で、北村美仁区長らに提案する予定。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

打楽器に親しんで

打楽器に親しんで 文化

青根で演奏家が体験講座

1月16日号

潜在看護職の復職支援

潜在看護職の復職支援 社会

病院協会が2月に相談会

1月16日号

台風被害の被災者へ支援

台風被害の被災者へ支援 社会

宅建相模北支部が寄付金

1月16日号

園児30人が芋堀体験

園児30人が芋堀体験 教育

レストラン「栗の里」の畑で

1月16日号

普通車は県道で行ける

日帰り温泉「いやしの湯」

普通車は県道で行ける 経済

1月16日号

雨宮知子さんが歌う

雨宮知子さんが歌う 文化

19日 津久井中央公民館で

1月16日号

課題解消に全力を

課題解消に全力を 経済

相模原商工会議所

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク