さがみはら緑区版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

「食」がつなぐ地域の輪 市内唯一 特養の「子ども食堂」

教育

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena
(上)スティックパイを作る子どもと高齢者ら=4月22日(下)全員で集まり食事をとる利用者
(上)スティックパイを作る子どもと高齢者ら=4月22日(下)全員で集まり食事をとる利用者

 共働き世帯やひとり親家庭の増加による「子どもの貧困」が社会問題となっている昨今。経済的理由などで学習塾に通うことが難しい子どもを対象にした「無料塾」や、無償や安価で食事を提供する「子ども食堂」などの活動が市内でも広がりを見せている。

 市こども・若者支援課によると、市内には13の無料塾と26の子ども食堂が存在する(数値は昨年度中で、市が把握するもの)。多くは個人やNPO法人の運営であるが、市内で唯一、福祉施設として「子ども食堂」を運営するのが(社福)東の会が運営する特別養護老人ホーム「みたけ」(中央区下九沢)だ。

高齢者との交流も

 同施設では福祉事業とともに地域貢献活動の役割を担うべく、昨年8月から地域の子どもたちや高齢者向けに月に一度「子ども食堂」を開催している。4月22日の会では、作の口小や大沢中(ともに緑区)などの児童・生徒や近隣団地の高齢者ら約25人が利用。皆でいちごジャムやスティックパイなどのお菓子作りや、色紙にメッセージを描くカード作りなどを行いつつ、夕食の時間をともに過ごした。これまでの活動を通じて利用者間の交流も深まっており、中学生が児童らを気にして面倒を見たり、中には「おばあちゃんと友達になった」と嬉しそうに話す児童もいるという。

 活動の主導者の一人である同施設職員・駒崎万寿子さんは「皆さんの楽しそうな姿を見ると『やって良かった』と思う。今後も継続したい」と話している。次回の子ども食堂は5月20日(日)を予定。希望者は3日前までに要予約。問合せ・申込は同施設【電話】042・700・0277駒崎さんへ。

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委質問時間No.1(2020~21年まで)

https://www.jitsugen.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

SC、京都に敗戦

SC、京都に敗戦 スポーツ

ユーリが得点も届かず

10月14日号

中山間地域を考える

中山間地域を考える 社会

若手職員が最終案発表

10月14日号

予約無しで接種可能に

予約無しで接種可能に 社会

大規模会場で31日まで

10月14日号

接種会場や実施日を縮小

接種会場や実施日を縮小 社会

定期予約 20日で終了へ

10月14日号

実りの秋を体験

実りの秋を体験 教育

「ふれあい田んぼ」で稲刈り

10月14日号

秋のスイーツ取りそろえ

15日から収穫フェア

秋のスイーツ取りそろえ 社会

ギフトセットも販売

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook