さがみはら緑区版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

医療法人社団 緑相会『エムズ歯科医院』 より専門的に きめ細かい矯正治療 「地域の歯科医療をより良いものに」

 「患者さまにやさしく!」をモットーに、それぞれの症状や悩みに最適な治療を提供することを目指す『エムズ歯科医院』(向原)。系列の『エムズ歯科コピオ』と同様に専門的な知識や技術を持つスタッフを迎えることで、患者の要望により細かく対応できる体制を整えている。今回は、専門性の高い医師を複数抱え、エムズ歯科医院が積極的に取組んでいる矯正治療について、担当歯科医師の登坂利永子氏に聞いた。

 矯正歯科は、悪い歯並びや噛み合わせをきちんと噛み合うようにして並びを整える診療科だ。「歯並びが悪いと、咀嚼や発音などの機能面や審美面(コンプレックス)、虫歯や歯周病になりやすい、顎関節症や肩こりなどのリスクが高くなる、顎の成長や顔の対称性に影響が出るといった様々な不具合が生じることがあります」と登坂氏。これらを改善し、審美的でよく噛め、虫歯や歯周病などで歯を失うことなく、一生自分の歯で生活できるような口腔内を作ることが矯正治療の目的なのだという。

複数医師が幅広く対応

 同院の矯正歯科には、登坂氏のほか5人の女性専門スタッフが従事。乳歯と永久歯が混在する7歳〜12歳頃の児童を対象とした小児矯正や、乳歯列期(3歳〜6歳頃)の反対咬合(こうごう)治療、大人になっても美しく機能的な口腔内を目指す成人矯正と、その専門的知見を駆使した治療を提供している。

初診相談は無料

 矯正治療には「患者の協力」が欠かせないという。「小児歯科では脱着式の装置を使用します。それが時として煩わしくなったり周りの目が気になったりするため、着け続けることが難しい場合があります」と登坂氏。そうなると治療が長引き、患者の負担も増えてしまう。「なぜその治療が必要なのかをしっかり説明しご理解いただき、協力していただく。患者様との信頼関係を築くことがとても重要だと考えています」。症例にもよるが、通院は基本的に月に一度とのこと。登坂氏は「初診相談を無料で行っていますので、ご希望の方はお申し出ください」と話している。矯正日は月に3回程度設けている。詳しい日時は問合せを。

幅広い展開

 エムズ歯科医院は2007年10月に開院。運営する医療法人社団緑相会は、近隣にあるコピオ相模原インター内で「エムズ歯科コピオ」、平塚市で「エム歯科クリニック」を展開している。多数の専門スタッフを抱えるため、幅広い診療への対応が可能で、土曜日も受診でき、キッズルームで保護者の診療中に子どもが遊んで待つこともできる。

 同院の米谷学院長は、「より良い地域歯科医療の実現を目指し、4年後には県内でも最大規模の歯科医院を近隣に開設することを計画しています。今後も、気軽にいつでも通える歯科診療をご提供できるように励んでいきます」と展望を語った。

エムズ歯科医院

神奈川県相模原市緑区向原2-1-1 Aコープ城山店1階

TEL:042-782-6480

http://www.m-s-shika.com/care/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6件

忘年会・新年会予約承り中

幹事さん必見 大盤振る舞いのサービスで納得のひと時を ア・ドマニー日本料理 志むら

忘年会・新年会予約承り中

10月18日号

相続貧乏、老後破綻にならない「5つの資産活用法」とは

10月28日(日)税理士による一つ先行く資産活用相談会 積水ハウス

相続貧乏、老後破綻にならない「5つの資産活用法」とは

10月18日号

秋冬彩るパンジー等が

長く楽しめる丈夫な花苗販売開始

秋冬彩るパンジー等が"90円〜"

10月18日号

秋のパンジー狩り

10/18(木)〜11/4(日)

秋のパンジー狩り

10月18日号

心停止!即座に“救命の連鎖”を

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

心停止!即座に“救命の連鎖”を

10月11日号

住まいの悩み解決します

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク