さがみはら緑区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

市幼稚園・認定こども園協会 節目の50年、加盟全50園に 幼児教育向上へ「大同団結」

社会

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
教育大会であいさつする川崎会長
教育大会であいさつする川崎会長

 市内の幼稚園・認定こども園で構成される「(一社)相模原市幼稚園・認定こども園協会」(川崎永会長)にこのほど8園が加わり、創立以来初めて市内に立地する全50園が加盟を果たした。これにより、同協会は創立50周年を迎える節目の年に、市内全園が結束することとなった。同協会は今後、各園の個性を生かしつつ、質の高い幼児教育の提供を担保するため、これまで取り組んできた教職員を対象にした研修などをより充実させていく方針だ。

 同協会は1968年、大和市、座間市などの幼稚園で構成されていた相和幼稚園協会から独立し市内30園が加盟する「相模原私立幼稚園協会」として誕生。2000年には他市に先駆けて、園内での幼児教育と併せて保育面でのサービスも行う「預かり保育」を市の協力のもと制度化するなど、時代の変化に合わせ「子どもたちの健やかな成長」をめざし、多岐にわたる活動を行ってきた。

 幼稚園と保育所の良さを掛け合わせた「認定こども園」創設を受け、2016年には現在の協会名へと変更。同協会創設以来、加盟のタイミングを見極めていた園が複数あったが、50周年を迎える節目の年に市内8園が新たに加わり、市内に立地する園すべてが加盟することとなった。

 全50園の加盟を受け、川崎会長は「節目のタイミングで全園が『大同団結』できたことを嬉しく思います。これまでご尽力頂いた歴代会長、役員理事をはじめとした多くの方々に感謝しております」と話す。なお、県内の同じ政令指定都市である横浜市幼稚園協会は279園中256園が加盟し、川崎市幼稚園協会では20年以上前から全園が加盟している。

研修の更なる充実へ

 5月16日には市民会館で、「教育大会」を全園加盟後初めて開催。加山俊夫市長や相模原市議会から沼倉孝太議長などが来賓として駆け付ける中、各園の教職員など約570人が参加した。あいさつに立った加山市長は「幼児期の教育は人間形成において大切であり、皆様には非常に重要な役割を果たして頂いており感謝しております」と同協会へ労いの言葉を贈った。

 同協会では今後、全50園でより質の高い幼児教育をめざし、中心的事業である教職員の「研修事業」の充実に取り組む予定。川崎会長は「『相模原市の幼児教育は私たちで担っていく』という自覚をより強く持ち、全園で手を携えながら全力で活動していきたい」と次なる50年を見据えて決意を口にした。

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

地域文化を支え20年

杜のホールはしもと

地域文化を支え20年 文化

「橋本とともに発展を」

9月23日号

「皆で勝ち取った金メダル」

パラ・伴走者青山由佳さん

「皆で勝ち取った金メダル」 スポーツ

リオの経験糧に献身貫く

9月16日号

秋本博寿氏が新会長

相原二本松商店街

秋本博寿氏が新会長 社会

地元高校と商業連携も

9月16日号

県代表で東関東へ

橋本高校吹奏楽部

県代表で東関東へ 教育

コロナ下「バンドの心一つに」

9月9日号

感染症予防、経済対策に

相模原市9月補正予算案

感染症予防、経済対策に 政治

一般会計 総額約14億円

9月9日号

予約対象 12歳以上へ拡大

市内ワクチン接種状況

予約対象 12歳以上へ拡大 社会

若者世代の加速化図る

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook