さがみはら緑区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

どんな花が咲くのかな 広田小4年生、里山で種まき

教育

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
一面のコスモス畑になることを願って
一面のコスモス畑になることを願って

 市立広田小学校(広田/石坂美智子校長)の4年生児童61人が7月18日、近隣の里山にある約100平方メートルの畑に、コスモスと百日草の種をまいた。

 相模原市北部に位置する小松・城北地区の里山保全活動を行っている「『小松・城北』里山をまもる会」(樋口圭一会長)の協力のもと、毎年行われている同校の里山体験学習の一環。

 同会の会員や引率教員らとともに児童が畑に入り、元気に種を散りばめた。まいた種は2〜3週間で芽を出し、9月末頃には赤や黄色の花を咲かせる見込みだという。

 種まきに協力した同会の会員は、「子どもの種のまき方によって、畑に模様ができるんだよ」と目を細めて話していた。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

市、コロナの相談窓口設置

市、コロナの相談窓口設置 社会

「疑い」ある人のみ

2月20日号

初めての搾乳に挑戦

初めての搾乳に挑戦 教育

青野原小で酪農体験授業

2月20日号

青根小学校で学習発表会

青根小学校で学習発表会 教育

3月で閉校 「地域に感謝」

2月20日号

自分の未来を考える講座

自分の未来を考える講座 社会

2月25日 ソレイユさがみ

2月20日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

介護の未来を考える

介護の未来を考える 社会

市長ら参加し懇話会

2月20日号

野外遊びで寒さも平気

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク