さがみはら緑区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

二本松在住稲垣那奈子さん 女子オープン、アマで出場 ゴルフ 「まずは予選通過を」

スポーツ

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
得意のドライバーを練習する稲垣さん=9月19日、橋本ゴルフセンターで
得意のドライバーを練習する稲垣さん=9月19日、橋本ゴルフセンターで

 9月27日から30日にかけて千葉カントリークラブ野田コース(千葉県)で行われる第51回日本女子オープンゴルフ選手権(公益財団法人日本ゴルフ協会主催)に、二本松在住の高校3年生、稲垣那奈子さん(18)=東京五日市カントリー倶楽部所属=が初出場する。

 同選手権は、アマチュア・プロ問わず、すべての女子ゴルファーが参加できる国内のメジャー大会の一つ。稲垣さんは7月と8月に、ともに千葉県で開催された地区予選と最終予選を通過。同選手権3度目の挑戦で初めて本選への出場権を手にした。本選には9月23日現在でプロアマ合わせて120人が出場を予定。うちアマチュアは21人。

 現在、八王子市にある共立女子第二高校に通う稲垣さん。今夏は在籍するゴルフ部でも全国大会に進出した。そのほかにも今年は、4月に中国で行われた元女子プロゴルファーのアニカ・ソレンスタムが主催するジュニア大会や、5月の県アマチュアゴルフ選手権女子15歳〜17歳の部で優勝するなど好調を維持。日本女子オープンでは「まずは予選通過が目標。ナショナルチームメンバーで今大会にも出場する6人の高校生に少しでも追いつけるように頑張りたい」と抱負を語る。

根気強く練習重ねる

 稲垣さんがゴルフを始めたのは8歳の時。水泳やスキーにも励んでいたが、両親の勧めでゴルフの練習をするうちに自然とのめり込んでいったという。母親の宣子さんは、「中学2年の終わり頃から体が大きくなって、ゴルフの成績もめきめきと伸びた」と娘の成長を振り返る。市ゴルフ協会の長谷川一弘副会長も「将来を大いに期待している一人」と目を細める。

 毎日5時半起床、6時に家を出て、朝は学校でアプローチ練習や体幹トレーニング。放課後は橋本で練習、夏場はほぼ毎日近県のゴルフ場を回る。「とにかくまじめで、根気強い」と宣子さんも舌を巻く練習の虫だ。ベストスコアは今年の夏に記録した65。平均240ヤードを飛ばすドライバーを得意としている。一方で、今後課題とするのは「苦手意識がある」というパターの腕を磨くこと。

 将来的には「賞金女王になりたい」と稲垣さん。高校卒業後はプロ転向を見すえて、ゴルフの戦術や体の使い方などを学ぶため、大学へ進学する予定だという。

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

統合前に「さよなら壁画」

相模原総合高校

統合前に「さよなら壁画」 教育

2023年度の再編 機に

11月11日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

最高賞に田名小PTA

SDGsアワード

最高賞に田名小PTA 社会

市内JCと市、協働で開催

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook