さがみはら緑区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

救急出場、3年連続で最多 猛暑影響も「タクシー代わり」の事例

社会

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 市消防局はこのほど、2018年の救急出場件数、および搬送人員数がともに3年連続で過去最多を記録したことを発表した。

 出場件数は前年に比べ、1,625件増の37,498件。1日平均103件で、14分に1回の割合で救急車が出場している計算となる。搬送人員は33,157人(1,153件増)だった。

 出場理由として最も多いのは「急病」(63.8%)で、「一般負傷」(12.8%)、「転院搬送」(8.4%)などがそれに続く。出場件数などが過去最多となった原因として市消防局は、「昨年は猛暑日が続き、熱中症の疑いで救急搬送された高齢者が多く、7月の出場件数が極めて多かったことが一因」と話している。

 一方、病状に緊急性がなくても「交通手段がない」などの理由でタクシー代わりに救急車を呼ぶ事例もあることから、市消防局では適正利用を呼び掛ける。救急車を呼ぶ際の基準として、症状の緊急度を判定する救急受診アプリ「Q助」などの利用も推奨しており、市消防局は「救える命を救うためにも、引き続き救急車の適正利用などについて啓発していく」と話した。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

園児励ます動画制作

幼稚園職員有志

園児励ます動画制作 教育

「ぼよよん行進曲」踊る

6月4日号

「美味しい」は負けない

【Web限定記事】

「美味しい」は負けない 経済

飲食店支援、続々と

5月28日号

市長講演を動画配信

市長講演を動画配信 社会

6月17日〜 津久井JC

5月28日号

永田屋が市と社協に寄付

永田屋が市と社協に寄付 社会

「地域医療に貢献を」

5月28日号

城山夏まつりが中止に

城山夏まつりが中止に 文化

実行委「来年は盛大に」

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク