さがみはら緑区版 掲載号:2019年2月21日号
  • LINE
  • hatena

音楽療法ロボを実証実験 特養で 負担軽減に期待

社会

音楽を流し利用者を癒やす支援ロボット=12日、特別養護老人ホーム・縁JOY
音楽を流し利用者を癒やす支援ロボット=12日、特別養護老人ホーム・縁JOY

 トヨタ自動車が開発した高齢者や障害者らの生活支援を行う小型ロボット「HSR」の実用化に向けた実証実験が12日、中央区田名にある特別養護老人ホーム・縁JOYで行われた。

 玉川大学の岡田浩之教授の協力のもと市内ソフトウエア企業を中心にHSRの共同研究を行う「社会実装研究会」ではこれまで、介護人材が不足する中、同ロボットの福祉施設での利用に向けた実証実験を重ねてきた。

 今回は、認知症進行の予防につながるとされる「音楽回想療法」を備えたHSRを活用。当日は同ロボットが自律移動して施設内をまわり、演歌や歌謡曲などの音楽を流した。懐かしのメロディの数々に利用者からは自然と手拍子が起こり、中には曲を口ずさむ人の姿も見られた。

 今回の音楽回想療法を備えた同ロボットが実用化に至ると、音楽再生を行う手間が省けるなど介護スタッフらの作業負担の軽減が期待される。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク