さがみはら緑区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

今季、Jリーグ・東京ヴェルディのユースからトップチームに昇格した 山本 理仁(りひと)さん 二本松在住 17歳

飛び級昇格、若きレフティ

 ○…創立50周年を迎えるクラブのトップチームに飛び級で昇格したホープ。「素直にうれしい」と笑みをこぼしながらも、すでに他チームで活躍する同世代のライバルに「やっと追いつけた」と気を緩めない。定位置は守備的MF。「トップは全員がうまい」とレベルの高さを肌で感じているが、中盤の底から繰り出す左足からのロングパスと、そこからのゲームメイクを持ち味に、一年目から狙うはスタメン、そして「3ゴール、5アシスト」。

 ○…城山わかば幼稚園、二本松小、内出中と生粋の地元人。4歳の頃に父の影響でサッカーを始め、つくい中央FCやヴェルディS.S.相模原で基礎を学ぶ。小4年時にトップチームの下部組織であるヴェルディジュニアに加入。以降はヴェルディ一筋に世代別のアカデミーチームでプレー。2015年から毎年、当該世代の日本代表に選出。そればかりか、上の年代の代表にも選ばれる逸材で、目標の「パリ五輪出場」「A代表」も遠い未来とは感じさせない。

 ○…小学生の頃はとにかくサッカーがしたくて毎日、原宿公園へ。上級生を相手に球を蹴ったその日々は、「大きな経験だった」と振り返る。生活のほとんどの時間をサッカーが占める今、家にいる間はひたすら休息。「歌詞も好き」と、試合前にも愛聴する『Mr.Children』は、自身が生まれる前の曲も抜かりなくチェック。

 ○…12年ぶりのJ1復帰を目指すチームでの役割を「若さを生かしたハードワーク」と認識する。相手をいなしながらボールを支配する「ヴェルディらしいサッカー」は体に染み込んでいる。「ボール1個分のズレ」が結果を左右するラストパスの精度やシュートの質など、「もっとレベルを高めたい」と意欲に燃える17歳から目が離せない。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

伊藤 信吾さん

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した

伊藤 信吾さん

4月25日号

田中 裕二さん

4月から市青年工業経営研究会(青工研)の2019年度会長を務める

田中 裕二さん

4月18日号

稲本 潤一さん

元サッカー日本代表で、今季SC相模原に入団した

稲本 潤一さん

4月11日号

市丸 克己さん

相模原市青少年指導員を務め、4月で20年目を迎え、現在は会長としても活動する

市丸 克己さん

4月4日号

渡辺 真維さん

LGBTs支援団体「からふるテラス」を設立した

渡辺 真維さん

3月28日号

石田 みなみさん

今季、女子サッカチーム「ノジマステラ神奈川相模原」の主将に就任した

石田 みなみさん

3月21日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク