さがみはら緑区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

「より身近な存在に」 市防災協会・大谷新一郎理事長

社会

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
取材に応える市防災協会の大谷新一郎理事長
取材に応える市防災協会の大谷新一郎理事長

 「社会公共の安全及び福祉の向上」を目的に、市の外郭団体(所管は市消防局予防課)として市民や事業所の防災体制を促すための様々な公益事業を行っている(公社)相模原市防災協会。防災の日(9月1日)を前に、今年6月に新理事長に就任した大谷新一郎氏(70)に、同協会の役割や今後の展開などを聞いた。

 1千近い会員事業所の新入社員や自衛消防隊員を対象とした研修・講習をはじめ、社会福祉施設などの防火実務研修、地域の防災講座や訓練への「防災マイスター」の派遣、自衛消防隊消火競技会や防災講演会の開催、消防フェアへの参加など、同協会の事業は多岐にわたっている。「市政との連携をより密にして、安全安心なまちづくりの一端を担う行動を起こしていきたい」と大谷理事長は今後の抱負を述べる。

 また、市内各自治会などの自主防衛組織が行う防災訓練を訪問して起震車を運用したり、一人暮らし高齢者家庭を訪問して防火診断や指導を行ったりと実は身近なところでも関わりが深い。市内の小学生による防火ポスターコンクールの開催も同協会の事業だ。「当協会のことをもっと市民の方に知っていただき、身近な存在でいられるように、より立場を確立していきたい」と事業の周知にも乗り出したい構えだ。

 9月1日(日)の市総合防災訓練の中で行われる防災フェアでは、起震車参加やブース出店で防火防災の普及啓発に努める。大谷理事長は「災害に強いまちづくりを目指し、市民の意識、知識の向上に努めたい」と語った。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

20周年記念CDを制作

20周年記念CDを制作 文化

相模湖交流センター

5月13日号

地域一体で防災対策を

津久井JC

地域一体で防災対策を 社会

コロナ対策でフェス実施

5月13日号

「相武ダービー」はドロー

SC相模原

「相武ダービー」はドロー スポーツ

3試合ぶりに勝ち点

5月13日号

自転車マナー強化月間

自転車マナー強化月間 教育

5月31日まで 九都県市で

5月13日号

市、ウィッグ購入費を助成

市、ウィッグ購入費を助成 社会

がん患者を支援

5月13日号

毛虫「限度超えてる」多さ

毛虫「限度超えてる」多さ 社会

城山公園で注意ポスター

5月13日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter