さがみはら緑区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

ラジオパーソナリティで、今年4月から相模原市名誉観光親善大使を務めている 野村 邦丸さん 中央区在住 62歳

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

声で伝える、故郷の魅力

 ○…文化放送の朝の声を届け続けて18年。行きつけのすし屋や理容店などで仕込んだ「相模原ネタ」を電波に散りばめ、相模原を「日本のビバリーヒルズ」と称してはばからない。街なかで出会う、地域に根差した人々を愛情込めて「相模原原人」と呼ぶ。そんな自身もこの町で育った「原人」だ。大使の依頼は「いつかくると思ってたよ」と冗談めかすも、「いざ話がきたら『俺でいいの?』みたいな。とても名誉なことなので」とにっこり。

 ○…場の緊張を瞬時に緩ませ、相手に初対面と思わせないような力みのない話しぶり。俳優、作家、ジャーナリストとその道を極めた名だたるゲストの素顔を引き出すコツは、「どんな相手でも先入観を持たず、なるべく接し方を変えない。人と人だから、裃(かみしも)を脱いで『どうぞくつろいで』と応じれば、外すことはまずない」と野村流。生放送で話が脱線し、「こんなろくでもない話で良かったの?」とゲストから言われることもよくあるそうだが、「それは番組にとってお褒めの言葉」としたり顔。

 ○…出生は川崎。転居し大野北中学へ。当時夢中になった深夜放送がその後ラジオ道を歩む原点となった。日本大学卒業後、茨城放送のアナウンサーとしてキャリアをスタート。40年連れ添う妻との出会いもその頃。30年ほど前に文化放送に入職し、現在はフリーとして活躍の場を広げている。

 ○…「山鳩の鳴き声で目覚める朝」と「生活・交通の至便」が共存するまち・相模原。若い頃は大都会への憧れもあったが、今では「仕事スイッチをオフにして、自分自身を取り戻せる」と放送が終われば即帰宅、週末はなかなか地元を出たがらない。「住んでみると良さがわかる」と、終の棲家と決めた故郷の魅力を、声の力で日本全国に向けて発信していく。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

筒井 健さん

相模原市橋本倫理法人会の会長に就任した

筒井 健さん

橋本台在住 59歳

10月10日号

山崎 和樹さん

第5回つくい湖湖上祭の実行委員長としてイベントを先導する

山崎 和樹さん

日連在住 38歳

10月3日号

細田 稔さん

このほど相模原市医師会の会長に就任した

細田 稔さん

大和市在住 65歳

9月26日号

小林 朱見さん

津久井やまゆり園、藤野薫風などを訪れ音楽療法士として交流する

小林 朱見さん

清川村在住 60歳

9月12日号

井上 克彦さん

青根・青野原地区の鳥獣保護管理員として被害対策に尽力する

井上 克彦さん

牧野在住 60歳

9月5日号

中村 好孝さん

神奈川県司法書士会相模原支部の支部長を務める

中村 好孝さん

南区相模大野在住 48歳

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク