さがみはら緑区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

(PR)

『おが屑』再利用で森林保全 マルトシフロアーコーポレーション網野通社長に聞く

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
「SDGs取組の先駆けに」と網野社長
「SDGs取組の先駆けに」と網野社長

 今春発表された第一期「かながわSDGs パートナー」制度(49社)に、市内から唯一登録された同社。網野通社長は「水源地域にある会社として、森林保全へ貢献したい」との強い思いを話す。

 現在、津久井の山間地では、水源森林保全の取組みの一環として間伐が行われる。これらは間伐材として、建築資材・家具などに有効利用されるが、原材料から製材の際に出された約7%は「おが屑」となり、その多くは廃棄物となっていた。

 同社が取組むのは、循環型リサイクル社会への貢献事業。「おが屑」の水と油の吸着力に着目し『津久井おが子』と名付け、地域ブランドとなる商品を目指し取組む。同社は『おが子』を建築現場でのほこりとり、工場などの油やインクの吸着材、水分の吸収材、金属加工の後処理、駅や居酒屋での嘔吐物処理などでの利用を推奨する。「貴重な資源の有効利用が大切。我々の理念に賛同頂ける企業も増えていますが、さらに多くの方に利用頂ければ」と要望する。

 さらに同社は、売り上げの一部を水源森林保全のために寄付している。「SDGsは、我々のような小規模事業者でも強い思いと理念があれば、どの企業でも出来る取組です。県も市も力を入れるこの取組みの先駆けとなって地域貢献が出来れば」と話した。

㈱マルトシフロアコーポレーション

相模原市緑区根小屋2598‐11

TEL:042-784-7929

https://www.facebook.com/mfc.tukui/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

住まいの悩み解決します

住まいの悩み解決します

城山商工会「家、元気。」

10月10日号

脳卒中を知る

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

脳卒中を知る

新百合ヶ丘総合病院

10月10日号

現役力士がやってくる

9月28日「ちびっこぶつかり稽古」 アリオ橋本で開催

現役力士がやってくる

当日は同所で10月大相撲相模原場所チケット販売

9月26日号

無料テニススクール

湖畔のオムニコートで健康増進

無料テニススクール

9月26日号

かみや学園鼓笛フェスティバル

かみや学園鼓笛フェスティバル

10月19日 市民会館で初開催

9月26日号

県がLINE相談窓口開設

ひとり親家庭、DVなどでお悩みの方

県がLINE相談窓口開設

9月26日号

カギは地方創生「社福の使命果たす」

カギは地方創生「社福の使命果たす」

市内最大級の社会福祉法人・相模福祉村

9月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク