さがみはら緑区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

相模原道志川流域キャンプ場経営者協議会の代表として復興に尽力する 野呂 正人さん 青野原在住 65歳

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena

道志川の水は地域の宝

 ○…澄んだ水が特長の道志川。その流域約10Kmには11のキャンプ場が集まる。年間約15万人以上が訪れ、「キャンプ場銀座」と呼ばれるほど人気が高い。台風19号により、これらキャンプ場は壊滅的な被害を受けた。ほとんど復旧のめどが立たず、休業に追い込まれている厳しい現状と支援を市に訴えるため、地元県議の呼びかけにより、「相模原道志川流域キャンプ場経営者協議会」を設立した。「個々の努力が大切だが、限界がある。できるだけ早い支援をお願いしたい」

 ○…オーナーを務める「青野原野呂ロッジキャンプ場」は、東京オリンピック前年の1963年に父親が開業した。「子どもの頃からキャンプ場が遊び場で、当時はキャンパーのマナーも悪く、良くゴミ拾いをしていた」と振り返る。夏には川遊びに来る親子連れがメインとなるが、シーズンオフの冬にも定年前後までの男性が一人キャンプに訪れる。「彼らと仲良くなり、色々な話をするのが楽しみ。今ではほとんどキャンプ場で寝泊まりしている」と笑う。

 ○…20代、30代はカーレースの世界に身を置き、一流のエンジニアとして活躍し、数々の賞を受賞した。レースの世界は危機管理に対する意識が非常に大切で、キャンプ場経営にも役立っている。「キャンプ場は安全が最も大切。事故なく、楽しく利用して頂けるよう配慮していきたい」

 ○…4つのバンガローや子どもの遊び場となっていたヘリコプター、キャンピングトレーラーなどキャンプに必要なものは全て流された。台風直後は、ボランティアで復興の手伝いをする申し出が100人を超えたという。「再開を楽しみにしているファンが大勢いる。年内には開業に向けためどをつけたい」と願っている。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

中牟田 好江さん

ソレイユさがみで「おはなしお楽しみ会」などの子育て支援を行う

中牟田 好江さん

中央区在住 71歳

1月20日号

梅津 賢一さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の第57代理事長に1月1日付で就任した

梅津 賢一さん

下九沢在住 38歳

1月13日号

山崎 勇貴さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第41代理事長に就任した

山崎 勇貴さん

日連在住 38歳

1月6日号

前川 莉珠(りず)さん

「松竹 JAPAN GP GIRLS CONTEST」で準グランプリに輝いた

前川 莉珠(りず)さん

相模原市在住 17歳

1月1日号

大貫 尚子さん

自身2作目の全国出版となる絵本『たむたむのまほうのことば』を製作した

大貫 尚子さん

中央区上溝在住 49歳

12月23日号

佐藤 聡子さん

令和3年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた津久井養護学校PTAの会長を務める

佐藤 聡子さん

小渕在住

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook