さがみはら緑区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

ラグビー三菱重工 県、学校法人と連携 新事業ですそ野拡大へ

スポーツ

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
三菱重工のメンバー=同クラブ提供
三菱重工のメンバー=同クラブ提供

 来季からラグビートップリーグに参戦する三菱重工相模原ダイナボアーズ(本拠地田名)はこのほど、神奈川県と学校法人岩崎学園(横浜)の両者と連携し、更なるラグビーの発展と普及を目的とした新たな事業を行うこととなった。

 トップリーグの県内唯一のクラブである三菱重工は、日頃から積極的に地域貢献活動を行っている。こうした中、ラグビーワールドカップで高まった機運を生かして新たなファン層の獲得をめざし、スポーツ振興に注力する神奈川県、県と包括協定を結び県内に専門学校7校を持つ岩崎学園とともに事業を進めることとなった。

 三者は今後、若者の感性や発想を生かしたプロモーション活動を実施。岩崎学園の学生が実際のトップリーグの試合の広報ポスターを制作して来場を呼び掛けるほか、三菱重工の試合や練習を学生が観戦・取材し、チーム紹介や観戦ポイントなどを「初心者・若者目線」でまとめた特集ホームページを作成する。

 競技のすそ野拡大に向け、同学園で地域の親子を対象とした「タグラグビー教室」も開催。三菱重工の選手が講師となり、初心者でも安全にプレーできるタグラグビーを親子一緒に楽しむことで、ラグビーの魅力を伝え、興味・関心を高めていく。さらに来年度以降、理学療法学科を構える同学園のインターンの場を三菱重工が提供する構想も上がっている。

 同クラブ営業統括の佐藤喬輔さんは「クラブとしてラグビーの素晴らしさを伝えていくことが使命。若い方々のアイデアや発信に期待したい」と今後の展望を口にした。

 ラグビートップリーグは来年1月に開幕する。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

LINEで子育て相談

LINEで子育て相談 社会

相模原市がアカウント開設

7月9日号

過去5年で「最悪」

景気観測調査

過去5年で「最悪」 経済

新型コロナが影響

7月9日号

「子どもと若者のために」

「子どもと若者のために」 社会

市教職員組合が寄付

7月9日号

SDGsを考える

SDGsを考える 経済

7月13〜19日募集 津久井JC

7月9日号

旬な「鮎」を一夜干しに

旬な「鮎」を一夜干しに 経済

1100円 城山商工会

7月9日号

新人隊員が耐久訓練

市消防局

新人隊員が耐久訓練 社会

約20Km歩いて搬送

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク