さがみはら緑区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

相模原市 「避難行動に役立てて」 洪水ハザードマップ改定

社会

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
約7万8000戸に配布された新ハザードマップ
約7万8000戸に配布された新ハザードマップ

 市はこのほど、県が公表した「計画降雨による洪水浸水想定区域」を基に、市内を流れる相模川・境川・鳩川・道保川が氾濫した場合を想定した「洪水ハザードマップ」を11年ぶりに改定。河川流域の浸水想定区域とその周辺の世帯約7万8000戸に配布した。

一冊に情報を網羅

 2008年8月の集中豪雨や昨年の台風19号では、市内を流れる河川から水があふれ出し、床上や床下浸水の被害が発生した。市は洪水時の被害を最小限におさえ、河川が氾濫した際の避難行動に役立てる資料としてマップを作成。今回のマップには「土砂災害ハザードマップ」と「浸水(内水)ハザードマップ」の情報、町田市や座間市など近隣地域の避難場所情報なども盛り込んだ。危機管理課の担当者は「土砂や内水災害も切り離すことはできない。危険回避のために近隣市町の情報も地図に記載した」と話す。

 冊子はA4サイズでユバーサルデザインを採用。県が公表した「想定し得る最大規模の降雨(1000年に1回程度発生すると想定される大雨)」が発生した際、どの位の浸水があるかなどもイラストや図で分かりやすく表記した。加えて、家族で危険な場所や避難経路を確認しあう時に使用できるよう「マイマップシール」も添付。担当者は「住んでいるエリアの危険性の認識や災害の時にどこへ避難すればいいか、事前に確認するために役立ててほしい」と話している。なお、串川・道志川版は来年度中に改定の予定。

 ハザードマップは市のホームページや行政資料コーナー、まちづくりセンターでも入手可能。問合せは危機管理課【電話】042・769・8208。
 

富士建創株式会社

これからの暮らしがもっと素敵になるリフォームをご一緒に

https://hujikenso.jp/

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

園児励ます動画制作

幼稚園職員有志

園児励ます動画制作 教育

「ぼよよん行進曲」踊る

6月4日号

「美味しい」は負けない

【Web限定記事】

「美味しい」は負けない 経済

飲食店支援、続々と

5月28日号

市長講演を動画配信

市長講演を動画配信 社会

6月17日〜 津久井JC

5月28日号

永田屋が市と社協に寄付

永田屋が市と社協に寄付 社会

「地域医療に貢献を」

5月28日号

城山夏まつりが中止に

城山夏まつりが中止に 文化

実行委「来年は盛大に」

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク