さがみはら緑区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

SC、磐田に惜敗 1点差で勝ち星逃す

スポーツ

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
ドリブルで攻め込むユーリ(中央)=SC相模原提供
ドリブルで攻め込むユーリ(中央)=SC相模原提供

 サッカーJ2リーグのSC相模原は18日、ホームの相模原ギオンスタジアムで第8節・ジュビロ磐田と対戦し、1対2で敗れた。

 リーグ上位につける強豪の磐田を迎えたSCは久しぶりにFWホムロがスタメンで出場。前半立ち上がりから攻撃をしかけるSCだったが、5分に相手MF松本昌也が左サイドからクロスをあげると、今季好調のFWルキアンが守備陣との競り合いに勝ち、ヘディングシュートを決め先制される。ホームで負けられないSCも19分、ボールをつなぐとMF船木翔のクロスをFW藤本淳吾が折り返し、FWユーリがゴールに押し込み同点に追いついた。

 後半は一進一退の攻防が続くが、点を奪えないSCは26分、FW藤本、MF芝本蓮、MF石田崚真からFW和田昌士、MF星広太、MF梅鉢貴秀の3人を同時に交代。しかし、3分後に右サイドを崩されクロスをあげられると、またもルキアンが豪快にヘディングシュートを放ち、勝ち越された。SCは、再三惜しいチャンスがあったものの、相手キーパーの好セーブに阻まれるなど1点に抑えられ、勝ち点3を奪われた。

 試合後、三浦文丈監督は「ジュビロは決めきる力がある。そこがうちはまだまだ足りないところだし、いい勉強をさせてもらったと思う」とコメントした。DFの白井達也は「(相手の)チャンスらしいチャンスは少なかったが、2回のチャンスで2失点してしまった。自分のところでもあるので、反省する要素かな」と振り返った。

※4月19日起稿

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

絵がエコバッグに

絵がエコバッグに 文化

14・15日のイベントで配布

5月12日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月12日号

3年連続中止

相模湖花火

3年連続中止 文化

5月12日号

大輪のバラ 市民に公開

大輪のバラ 市民に公開 社会

中央区小山 オハラ

5月12日号

色々な競技に挑戦

色々な競技に挑戦 スポーツ

アリオ橋本でスポーツフェア

5月12日号

看護師の復職、育成を支援

人材を支える現場

看護師の復職、育成を支援 社会

関係団体や専門学校の取組み

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook