さがみはら緑区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

(PR)

「?」の面白さを形に 1本の線から 生まれる対話 取材協力:社会福祉法人アトリエ

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena
1枚の紙に、自由に線を描いて作品を作る様子
1枚の紙に、自由に線を描いて作品を作る様子

 障害者と健常者。その違いを楽しみ、共に生きる楽しさとは--。社会福祉法人アトリエが営む生活介護事業所、大山町の「はしもとアントルポビジュツ室」での、利用者との「共作」の日々に迫る。生活支援員で主に絵画を担当する原ひかるさんと、陶芸を担当する植田佳奈さんに話を聞いた。食事準備など、自立した生活を送るための活動を協力してこなしながら、創作の時間を毎日設けているという。

「ものの見方」を知る

 「自由に1本の線を描くだけでも、それぞれ個性が現れる。線の引き方から、その人の性格や新しい魅力に気づくこともあります」と原さん。模写でも、個々で驚くほど構図が異なり、出来上がりは千差万別だ。「なぜこう描いたのか考えても、わからない。でも、その人の『ものの見方・捉え方』を知ることができる。この、言葉を使わないコミュニケーションが、みんなのことを知るきっかけになっています」

つくる過程に醍醐味

 「障害のある方と共につくること、その過程に醍醐味がある」と植田さんは続ける。障害者アート自体は既に確立された分野だが、ここでは作品という成果に重きを置いていない。「こちらがサポートするだけの関係ではありません。一緒につくる中で、視野の広がりや創作に向けた着想を得られています。こうした相乗効果が生まれる場所として、ものづくりに携わる人にもビジュツ室を知ってもらいたいです」

交流できる場所に

 ビジュツ室は昨年9月に開所。現在は地元の橋本商店街に加盟し、少しずつ認知を広げている。原さん、植田さんが今後期待するのが、積極的な外部との関わりだ。「みんなの作品を見てもらえる展示やフリーマーケットを企画し、人の魅力だけでなく、障害者と共につくる面白さも感じてもらえたら。共作によって生まれる感覚を、ものづくりに携わっている方や美大生はもちろん、養護学校に通う方や、地域の方とも共有していきたい」と展望を語った。

作品をもつ利用者
作品をもつ利用者

社会福祉法人アトリエ

神奈川県相模原市緑区大山町8-18

TEL:042-703-3480

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6

スマホ購入でプレゼント進呈

ドコモショップ

スマホ購入でプレゼント進呈

相模原市内のショップ対象、さらに来店特典も

9月23日号

家?施設?高齢者住宅へ

家賃4万6000円〜”全国初の方式”新築開設 オープン11/1原宿南

家?施設?高齢者住宅へ

日中は管理人、夜間センサー作動

9月23日号

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話

『首や腰の痛み』知って得する脊髄脊椎のお話

その7「背部痛」について

9月23日号

屋根、外壁対策はお済ですか

耐震工事のプロが修理します

屋根、外壁対策はお済ですか

9月16日号

頭痛や肩こりも瞼(まぶた)から

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

頭痛や肩こりも瞼(まぶた)から

三成会 新百合ヶ丘総合病院

9月9日号

予防が大切 骨粗鬆症

森田病院医師紹介【2】

予防が大切 骨粗鬆症

整形外科医 石森光一

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook