さがみはら緑区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

「まず一勝」 棋力磨き全国へ シュタイナー学園・五十嵐(いからし)さん

社会

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
来月2日から全国大会に出場する五十嵐さん
来月2日から全国大会に出場する五十嵐さん

 名倉にあるシュタイナー学園中等部に通う五十嵐琉珂(るか)さん(14)が、8月2(月)から山形県で行われる「第42回全国中学生選抜将棋選手権大会(第23回女子の部)」に初出場する。

 五十嵐さんは、今年5月に行われた同選手権の県予選で優勝を果たしている。将棋を始めたのは8歳の頃。近所のボランティアの人に教えてもらったのを機に、双子の弟・琉飛さんと対局を重ね、自宅のある八王子で羽生善治さんも通った「八王子将棋クラブ」でも腕を磨いた。

 将棋の魅力について、「今までずっと負けていた相手に勝てたときが嬉しい」と少し考えてから話す五十嵐さん。父親の和則さんも、「一見物静かそうに見えるけど、うちに負けず嫌いな一面を持っている」と紹介する。

交流センターで経験積み

 棋力向上のためにできるだけ多くの人と対局させたいと、同学園初等部の頃は与瀬にある相模湖交流センターにもよく通った。同センターでは月に1度「囲碁・将棋を楽しむ会」や定期的に大会などが行われており、初心者から熟練者まで幅広い愛好家たちが集う。同センタースタッフの河津康人さんは五十嵐さんのことを覚えており、「非常に筋が良く、どんどん強くなっていった。きっと兄弟間でも切磋琢磨しあったのではないか」と振り返る。

 昨年1年間はコロナの影響で公式戦が開催されず、棋力の低下が不安の種だったという。研鑽のため、インターネット上でさまざまな相手と対局を重ねたが、やはり「目の前に人がいるのといないのでは違う」と残念がる。全国大会では、惜しくも全国行きが叶わなかった弟の分まで力を出し切りたいと話す五十嵐さん。「本番までに戦法を増やして、まずは一勝から」と初戦突破をめざす。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

金属の表情に魅せられて

久保沢在住小林さん

金属の表情に魅せられて 文化

鍛金(たんきん)作家 23日から個展

9月16日号

改修に民間意見聴取

改修に民間意見聴取 経済

北市民健康文化センター

9月16日号

山口戦も限定ユニ配布

SC相模原

山口戦も限定ユニ配布 スポーツ

チケット購入者が対象

9月16日号

歴史的一戦は勝ち点1

歴史的一戦は勝ち点1 スポーツ

WEリーグが開幕

9月16日号

SC、長崎戦はドロー

サッカーJ2

SC、長崎戦はドロー スポーツ

最下位から抜け出せず

9月16日号

コロナ対策に寄付金

コロナ対策に寄付金 社会

市内の5士業団体

9月16日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook